« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

「昭和の風貌(かお)」展

2010年9月17日(金)〜9月30日(木)
「昭和の風貌(かお)」展
FUJIFILM SQUARE

東京ミッドタウンの中にあるFUJIFLIM SQUAREで、「昭和の風貌(かお)」展を見てきた。

Img_0636

この展覧会では、敗戦から高度経済成長、そしてバブルと、まさに激動の時代「昭和」を彩ってきたヒーローたち約150人の肖像写真が展示されている。これらの写真を撮ってきたのが、土門拳、濱谷浩、林忠彦、田沼武能、熊切圭介、斉藤康一ら6人のカメラマン。

さすがに選りすぐられたものだけあって、どの写真も凄いです。こういう表情は作って作れるものではないし、それこそほんの一瞬を見逃さない集中力というか、撮られた方もわからないくらい、本当にほんの一瞬。もうほとんどカメラマンの執念と言ってもいいのではないかと思う。

「会議中の松下幸之助」や「食事中の田中角栄夫妻」、数枚にわたる「三島由紀夫」等々。それから、今回のメインビジュアルの「太宰治」。どれもこれも見応えありで素晴らしいし、そこまで入り込んでいる所が凄い。やっぱり撮る側の執念みたいなものを感じます。

そんな中、個人的に一番印象的だったのは、古今亭志ん生、金原亭馬生、古今亭志ん朝の親子が、一枚の写真に収まった、鈴本演芸場楽屋での写真。馬生に稽古をつける志ん生、それを心配そうに見つめる若き日の志ん朝。中でも馬生の落語をじっと聞いている時の志ん生の表情が、非常に厳しい表情で逆に印象的です。

しばし時間を忘れて見入ってしまった。良いもの見させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農場らーめん野菜塩

田中一村展を見に行ったとき、午後3時頃美術館に着いてみると長蛇の列。ということで、遅めの昼食をとる事に。あの辺に知ってる店はほとんどなく、なんとなく入ったのが、「麺工房なめき」というラーメン屋さん。

この日も暑かったし、午前中仕事だったしということで、とりあえずビール。
Img_0577

それと餃子
Img_0581

そうこうしてるうちにラーメン、どーん!
Img_0583
農場らーめん野菜塩

写真で見ても分かる通り、野菜たっぷり入ってます。本当にたっぷり入ってて食べ終わった時には、まんぷく。またこの塩ラーメンのスープも美味くて、スープもかなり飲んでしまった。いやー、美味しかったです。ラーメンだけなら、そんなに高くないし。今度千葉に行った時には、是非また行きたい。

食べ過ぎたので、ちょっと散歩してると、千葉神社のところで、猫がまったりしてました。
Img_0601

そして午後4時過ぎに、再び美術館に行ってみると、今度はすんなり入れました。もちろん展覧会は大満足。展覧会についてはこちら→「田中一村 新たなる全貌」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市美術館15年のあゆみ

千葉市美術館に、「田中一村 新たなる全貌」を見に行くと、1階の奥の所に「開館15周年記念関連展示」というコーナーがありました。

Img_0575

ここには、今まで千葉市美術館で開催された展覧会のチラシが、所狭しと壁に貼られていた。メジャーからマニアックなものまで、いろんなジャンルの展覧会が開催されてきた。

Img_0572

実はこの中に、以前所属していた部署の時に担当させて頂いたチラシがありました。美術館や博物館の仕事を担当して始めた頃の仕事だった。なかなかよく刷れてる、って手前味噌ですが。

それから、もう一度見たい展覧会のベスト10がありました。
Img_0570

ちなみにベスト10は、
1.「タイの美しい布展」
2.「歌川国芳展」
3.「現代根付展」
4.「岩佐又兵衛展」
5.「太陽と精霊の布展」
6.「東山魁夷展」
7.「暴走の神と仏展」
8.「竹久夢二展」
9.「長澤蘆雪展」
10.「伊藤若冲 アナザーワールド」

これからも、思わず唸るような展覧会、期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田中一村展

2010年8月21日(土)〜9月26日(日)
田中一村 新たなる全貌
千葉市美術館

千葉市美術館で開催されていた、「田中一村 新たなる全貌」を見てきた。ラス前の土曜日に行ったのだが、午後3時頃着いた時には、あまりに人が多くて、遅のめの昼食とって、午後4時半頃に行ったら、今度はすんなり入れました。

Img_0559

今回の展覧会は、第1章「東京時代」第2章「千葉時代」第3章「奄美時代」の3つに分けられて展示されています。

これまで田中一村と言うと、どうしても奄美時代を中心にという感じが強かったので、今回この3時代をほぼ網羅して、それぞれの時代について詳しく展示されていたり、また新たに確認されたものもあり、と言った感じで、展覧会タイトルが示すように、新たなる全貌が見られた展覧会でした。

個人的には千葉時代の作品が印象的だった。千葉寺の風景を描いた物や、公募展に応募した作品、さらには襖絵と千葉に住んだ20年間は、実に多岐に渡って仕事をしていたというのが印象的でした。また千葉時代後期の作品には、奄美時代の色使いに通じる部分もあって、見ていて面白い部分でもありました。

また、一村の性格の部分も印象的です。東京時代に、これから進むべき方向性を描いた作品を、支援者に見せて、賛同が得られないと、それらの人達と絶縁したり、公募展に応募して、落選結果に納得出来ず、他の作品の入選を辞退したりと、自分の作品に対しては、かなりのプライドを持っていたようです。それから、一村というと、周りの人達との交流を持たずに、ひたすら絵に打ち込むというイメージだったのですが、千葉時代でも奄美時代でもよく周囲と交流をもち、親しい人には色紙でお礼をしていた、というのは初めて知りました。

今回この展覧会を通じて、これまでほんの上辺だけしか知らなかった田中一村という画家について、生涯を通じておぼろげながら全貌を知る事ができた。あとは図録が来るのを待って、また振り返ってみたいと思います。

それにしても、よくあれだけ作品集めてくれました。学芸員の方々に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街角写真館 その13「小三治師匠と扇橋師匠」

今回の街角写真館は、ちょっと前に撮ったもの。画像の整理をしていたら出てきました。

それがこれ、ドーン!

1029kosannzisennkyou2

これは、2007年10月20日(土)に、よみうりホールにて行われた「東京かわら版400号記念落語会」の時に、ロビーに飾られていた写真を、再度写真に撮ったもの。だから画像はよくありませんが、柳家小三治師匠の嬉しそうな表情がとっても良いです。そう言えば、映画「小三治」でも共演してます。
落語界のツートップや、落語界のONではありませんが、なくてはならない存在ですので、今後も楽しい落語を聴かせて頂ければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!50周年@SANRIO

こんな可愛い、思わずにやけてしまうようなポスター発見!

それがこれです、どーん!!!!!

Img_0474

今年はサンリオが創立されて50周年と言う事です。
いろんなキャラクターがありますねえ。そんな中、やっぱりサンリオと言えばキティちゃん。それからマイメロとか、あとバツマルとかケロケロケロッピーとか。そんな中、私のサンリオキャラクター一押しは、何と言っても、みんなのたあ坊。扱い小さいよ、マー坊ものせろ、って言ってる場合じゃないか(笑)。

こういう可愛いキャラクターは、幾つになっても大好きですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喜多八膝栗毛 秋之風

2010年9月14日(火)
柳家喜多八独演会 喜多八膝栗毛 秋之風
博品館劇場

毎度お馴染み、博品館劇場での柳家喜多八師匠の独演会、「喜多八膝栗毛 秋之風」に行ってきた。今回ばかりは無理かと思ったけど、仕事ぶん投げて行ってきました。

Img_0521

ということで、今回の前座は瀧川鯉橋で、お題は「肥甕」。しかしながらこの噺の途中から寝てしまったため、よくわかりません。いやー、それにしても不覚。目が覚めた時には、鯉橋さん引き上げて行くところでした。失礼しました。

気を取り直して、喜多八師匠の高座です。そう言えば、7月の夏之宵の時もそうでしたけど、短い噺を続けてやります。今回は「旅行日記」と「ぞめき」を続けて演じていました。それみしても、喜多八師匠の「ぞめき」は最高です。「行きてえな〜」って言うあそこは、本当に行きたいっていう感じがよく出てて、最高です。

ここで仲入り。その後は、色物という事で、江戸家まねき猫による「動物のものまね」。目を閉じて聞くと、動物の雰囲気見ないな物が感じられて良いです。それと、江戸家まねき猫さん、父親は3代目江戸家猫八だそうです。もっとも再婚してからの子供なので、4代目江戸家猫八とは母親が違うとの事。

そして最後は、再び柳家喜多八師匠で「井戸の茶碗」。前回の夏之宵の時は「らくだ」だったし、今回も大ネタです。今まで、いろんな人の「井戸の茶碗」聞きましたけど、喜多八師匠の「井戸の茶碗」も良いですねえ。元々面白い噺に加えて、喜多八師匠の独特のリズムが相まってより面白い。

それからですね、今回の前座、色物と2人とも落語芸術協会の人で、2人ともまくらが全生庵でのあれでした。しかも喜多八師匠本人からかなりyou tubeを勧められたらしいです。実は私、今年の圓朝まつり行ってまして、生であれ見てます。もちろん写真も撮ってきました。その辺の事は、こちらを参照して頂ければ。→圓朝まつり2010

ということで、今回のお題です、
Img_0527

次の喜多八膝栗毛は、新年が明けた1月です。また行こう、チケット買わなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜行バスツアー 京都・大阪 その3 横尾忠則全ポスター展〜天保山

京都国立近代美術館から、バス・電車と乗り継いで、国立国際美術館へ。ここに来るのは約4年振り。福島駅からずいぶん歩いた印象があったんですけど、今回実際に歩いてみるとそんなこともなく、徒歩約10分。美術館の周りも綺麗になったような気がします。

Dscn1702
堂島川の向こうに、美術館が見えます。

2010年7月13日(火)〜9月12日(日)
横尾忠則全ポスター
国立国際美術館

今回のメインイベントでもある、横尾忠則全ポスター展を見てきた。何とか調整して最終日のラス前の土曜日、しかも夜行バスで行ってきた。

Dscn1717

今回の展覧会では、横尾忠則がこれまでのポスター制作に関わってきた800点以上ものポスター作品が展示されている。一概に800点と言いいますが、それはそれは凄い数。またさすがにそれだけ制作しているだけに、いろんなジャンルのポスターがあります。
日本デザインセンター時代の物や、状況劇場や寺山修司に関するいわゆるアングラといわれるものから、展覧会やコンサート、いろんなイベントのポスター。他にも、企業ものから宝塚歌劇団。さらにY路地、その他いろいろ。もう挙げていったらキリがないくらいたくさん。そんな中特に凄いのが、横尾忠則が西脇高校時代に制作されたポスターまでもが展示されていた。よくこんなもんまで保存されてる。いろんな意味で本当に凄い展覧会でした。
作品を目で見て、頭で考えて、なんて事より、それこそ全身で浴びるといった表現がピッタリの展覧会でした。残念な事に、他には巡回しないみたいです。モッタイナイ!
それとtwitterでのつぶやきです、
twitter@横尾忠則全ポスター その1

その後最後の目的地、サントリーミュージアム[天保山]へ
外観はこんな感じ、
Dscn1737

2010年7月10日(土)〜9月20日(月)
印象派とモダンアート展
サントリーミュージアム[天保山]

サントリーミュージアム[天保山]にて、印象派とモダンアート展を見てきた。

Dscn1743

どの作品も素晴らしく、それなりに楽しめたのだが、今回の目的はこの展覧会を最後に、ここが閉館するという事だったので、今までいったこともなく、タイミングよく大阪に来るので、ついでに行ってみようというものでした。
そしたら、なんとこの後もあるんです。私の勝ってな勘違いでした。
そして正真正銘最後の展覧会なるのがこちら、
Dscn1745

ポスター大好き人間としては、この展覧会は是非見たい。400点も出品するのかよ。東京での上村松園が混んでて見れないなんてことになったら、京都の上村松園と合わせて年末にまた来ようかな。

この後天保山から大阪駅までバスにて移動。約50分、車中寝てましたけど、バスの料金200円だった。安い。

こんな感じで、長い長い一日が終わりました。そてにしても、この日はよく歩いたね。

Img_0517
(最終的には、36,035歩でした)

そして再び夜行バスで帰りました。ただ帰りは新幹線にすれば良かったかな。ただあの安さも捨てがたいですな。

ということで、最後に大阪の夜の一枚です。
Dscn1761

また12月に行くかも。(おわり)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夜行バスツアー 京都・大阪 その2「日本画」の前衛展

2010年9月3日(金)〜10月17日(日)
1938−1949「日本画」の前衛
京都国立近代美術館

京都国立近代美術館で、1938−1949「日本画」の前衛展を見た。
日本の風土に根ざし、四季を豊かな表現で描く従来の日本画に対し、その思想に真っ向から対立するかのような表現方法で、従来の日本画に革命を起こそうとした集団「歴程美術協会」。その活動期間は、1938年から1949年と短いが、時代の流れからみれば、太平洋戦争を挟む形で活動が行われたというのが、驚きでもあり、画家たちの意気込みが感じられる。

Img_0508

作品を見ていっても、時代の流れや個々の作品、はたまた画家自身といった具合に、いろんな物と戦いながら活動していったんだろうな、と強く感じられた。
そんな中で、存在が際立っていたのが、山崎隆、丸木位里、船田玉樹。もちろんその他にも素晴らしい作品が多く展示されていた。
どの画家も、厳しい時代の中で、新しい日本画へと向かっていく気持ちが感じられる、そんな素晴らしい展覧会でした。
また、この展覧会は、京都国立近代美術館の後、2011年1月には東京都国立近代美術館、2011年2月には広島県立美術館へと巡回します。

それからtwitterでのつぶやきは、
twitter@「日本画」の前衛 その1
twitter@「日本画」の前衛 その2

その後バス、電車と乗り継いで、大阪は国立国際美術館へ向かいます。(またまたつぐく)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夜行バスツアー 京都・大阪 その1

大阪での「横尾忠則全ポスター展」を見ようと、大阪に行ってきた。そうはいっても大阪だけではもったいないので、京都も天保山も回ってきました。

という事で、24時ぴったりに東京駅前発の夜行バスに乗りいざ出発。海老名、牧ノ原、土山の3つのSAで休憩を取りつつ、午前6時20分頃に京都駅到着。

Dscn1573
朝の京都駅、何回乗っても、行きの高速バスはあまり眠れません。

近鉄の改札の所には、せんとくんが、
Dscn1577

そして毎度のことながら、高速バスで来た時は、京都駅から岡崎公園まで歩きます。今回は西本願寺経由で行きました。

その西本願寺、でかいのでアトランダムに画像です。
Dscn1599

Dscn1616

Dscn1625

さらに目を引く、西本願寺の大銀杏
Dscn1617

まえの道を挟んで、もう一つ門がありました。
Dscn1621

他にもたくさん撮ったんですけど、きりがないのでこのへんで。

そして五条の辺まできて、朝食兼ねてちょっと休憩。

Dscn1651
京都駅から歩くと、ここで朝食というパターンが結構多い。

もうこの時点で暑かったので、とりあえずビール!Cheers!
Dscn1655

休憩して再度出発。牛若ひろばを通り、
Dscn1657

鴨川を渡り、
Dscn1660

こんな京都っぽい風景もあり、
Dscn1674

八坂神社を通り、
Dscn1678

その先右に折れて、川縁を歩きます。
Dscn1683

そうこうしてるうちにようやく岡崎公園に到着。6時30分頃に京都駅から歩き始めて、岡崎公演に着いたのが、9時10分頃でした。もうこの時点で汗びっしょり。お目当ての京都国立近代美術館は、9時30分開館なので、木陰のベンチでTシャツ着替えて、少し休憩して、開館とほぼ同時で京都国立近代美術館へ。(つづく) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

#nowplaying list(2010年8月)

8月につぶやいた#nowplayingです。

「Bark at the moon」OZZY OSBOURNE
「IRON FIST」MOTORHEAD
「Jelly Roll」BLUE MURDER
「War Song」山下達郎
「ずっと一緒さ」山下達郎
「バラ色の人生〜ラヴィアンローズ」山下達郎
「ロマンス」原田知世
「D.I.M 422」ANTHEM
「Slang」Brian Bromberg
「PINK PUNK FUNK」鳴瀬喜博
「はいからさんが通る」南野陽子
「風のマドリガル」南野陽子

やっぱり気分を盛り上げようと思うと、HEAVY METALになる傾向が強い。そんな中でもOZZY OSBOURNEやMOTORHEADは筆頭格。それと忘れちゃいけないのがIRON MAIDEN。もっとも今月はつぶやいてませんが。
でも今回のお勧めは、やっぱり原田知世ちゃん。ほのぼぼしてていいですよ、これは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふりかえり(2010年8月)

9月になったとはいえ、まだまだ暑い今日この頃。ということで、8月のふりかえりです。

まずは展覧会から、
・「私を見て!ヌードのポートレイト」展@東京都写真美術館
Dsc_0060
twitter@「私を見て!ヌードのポートレイト」展

・トリックアートの世界展@損保ジャパン東郷青児美術館
Dscn1361
twitter@トリックアートの世界展 その1
twitter@トリックアートの世界展 その2

・三遊亭圓朝コレクション 幽霊画展@谷中全生庵
Dscn1436
twitter@三遊亭圓朝コレクション 幽霊画展

・もう一つの場所 ー 野又穣のランドスケープ@群馬県立近代美術館

続いてライブ、
・永井龍雲「歌花火2010」@Mt.RAINIER HALL

続いて落語関係が3つ、
・圓朝まつり2010@谷中全生庵
・第20回記念 落語教育委員会@東京芸術劇場 中ホール
100810_184530

・柳家小三治独演会@草加市文化会館

それから見に行った映画、
・特攻野郎Aチーム@TOHO CINEMA 有楽座
Img_0480

こちらは2回も更新、
・街角写真館 その11
・街角写真館 その12

それからポスターと、
・TSM48@としまえんプール

あとグルメも、
・グルメ3つ+1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »