« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

川村記念美術館に行ってきた。

GWに実家に帰ったついでに、千葉県佐倉市にある川村記念美術館に行ってきた。実はこの美術館、実家から車で10分ぐらいの所にありまして、そんな地元民からみればどう見ても佐倉というよりは八街って感じなんですけどね。もっとも住所はちゃんと千葉県佐倉市です。

GWまっただ中、つつじも解放されてるという事で、9時30分過ぎに行ったんですけど、この時点で結構な人出でした。

そして美術館の看板がこれ、
Dscn0567

そしてここが美術館方面の入り口です、
Dscn0573

そんな入り口の隣には、こんなブロンズが、
Dscn0571

この美術館の魅力の一つが、池も含めた広大な庭です、
そして池の向こうにつつじの群れが微かに見えます。
Dscn0575

人慣れし過ぎたアヒルがお出迎え、
Dscn0577

こっちではのどかに水飲んでたりして、
Dscn0590

そして本来の目的である美術館へ。
中世ヨーロッパのような美術館の建物がこれです、
Dscn0588

現在開催中の企画展がこちら、

2010年4月10日(土)〜7月19日(月)
「ジョセフ・コーネル×高橋睦郎 箱宇宙を讃えて」
川村美術館

Dscn0585
「ジョセフ・コーネル×高橋睦郎 箱宇宙を讃えて」

展示されているコーネル作品1点1点に、それぞれ詩が添えられていて、それらのマッティングが素晴らしい。作品を見て添えられている詩を読み、また作品を見る。そしてまた詩を読む。そんな事を繰り返しながら、ゆっくり作品を見ていくと、これが楽しいんです。展示作品数はそんなに多くないですけど。多くない分ゆっくり楽しく見れます。7月19日(月)までやってますんで、機会があれば出かけてみてはいかがでしょうか。ちょっと遠いですけど。

そしてGW中は、普段は解放されないつつじが一般に公開されてました。つつじがある方は、株式会社DICの研究所となっているので、普段は職員以外は入れません。それからDICはデザイン・印刷関係の方なら誰でも知ってるDICのカラーチャート。そのDICです。ちょっと前まで大日本インキ化学工業という社名でした。

そしてここからつつじ一気に行きます。手前から順番通りと思ったんですけど、順番分からなくなってしまたので、順不同で行きます。
Dscn0598

Dscn0599

Dscn0602

Dscn0616

Dscn0617

Dscn0626

Dscn0627

途中白鳥がのんびり休憩してました。
Dscn0609

そしてこんな散歩道もあります、
Dscn0643

この川村記念美術館、自然には事欠かない所にありますので、まあゆったり来るのも良いかなと。JR・京成佐倉駅から送迎バスがあったり、車の場合は東関東自動車道の佐倉ICからそんなに遠くないし、近くに歴博や佐倉市美術館もあるし、もうすぐ千葉市美術館で若冲も始まるし、そこいらぐるっとまとめて来てみたらいかがでしょうか。

ちょっと宣伝しすぎか。別に私、川村美術館の関係者でも千葉市、佐倉市の職員でもないんですけどね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立川志の輔独演会@三鷹市公会堂

2010年5月2日(日)
立川志の輔独演会
三鷹市公会堂

Dscn05575月2日の日曜日、三鷹市公会堂で行われた立川志の輔師匠の独演会に行ってきた。ここで志の輔師匠を見るのは、2008年以来だから2年ぶり2回目。ちなみに3月末には、ここで柳家小三治師匠を見てる。ここの会場意外とよく行く会場だったりします。

当然の如く満御礼の落語会、まずは前座で、志の輔の3番目の弟子の立川志の春。お題は「看板のピン」。志の春前に見た事あるような、ないような。たぶんあると思うのだが、思い出せない。出来はそれなりといった感じです。

続いて、志の輔師匠登場。まくらは負傷した指の事。まあ気にならないと言えば気にならないけど、でも落語は指先の何気ない動きとか重要だから、何も言わずに落語やって、気がつくと今度はそっちが気になって、落語に集中できないかもしれない。という事はやっぱり気になるということか。
そして今回のお題は「バールのようなもの」。実は、志の輔師匠の独演会に行くようになって、10年以上経ちますけど、実はこの噺はまだ聞いた事がなかったんです。そして今回やっと聞けました。こういう噺だったのね、今まで知らなかった。でもこの噺よく出来てるね。これに限らず志の輔師匠の演じる創作落語はレベル高い。あのテンポで、あの言い回しで、最後のオチまで全然飽きない。ただただ面白く聞いてしまった。最高でした。そしてここで仲入り。

仲入りあけて、再び志の輔師匠登場。2席目のお題は「紺屋高尾」。これはお馴染みの古典落語。個人的には、この噺大好きなんです。この好きな噺を志の輔師匠で生で聞けるという、夢のような時間でした。面白かった。もう言う事なしです。ちなみに夢のようなといったら、夢ではなくて現実ですからね、ハイ。

落語2席堪能して、緞帳降りてもう終わりかと思ったら、再び緞帳上がってしばし志の輔師匠の雑談。以前21世紀は21日でも、よくこういうのありました。「こちらからは以上です、そちらから何かありますか」ってやつです。そんな今回の雑談ネタは昇太さんの事でした。この二人年齢的には離れてますけど、春風亭と立川流という違いはあれ、入門したのが同期なんですね。そしてそうこうしてるうちに本当のお開きとなりました。

そう言えば、指のギブスはあと1ヶ月で取れると言ってました。ということは、6月20日のよみうりホールでの独演会ではギブスは取れてると思います。そいいながら、チケット取れなかったんで行けませんが。

そして今回のお題です、
Dscn0560

そして志の輔師匠で「紺屋高尾」と言えばこちら、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てりやきチーズ IN 竜田@ガスト

昨日日産スタジアムにサッカーを見に行って、遅めの昼食というか早めの夕食というか、お腹が空いたので武蔵小杉駅のガストで食事。

注文したのが、「てりやきチーズ IN 竜田」 。何かメニューからだとよく分からない。わからず注文する方もする方なのだが。

ということで、これです。ドーン!
42634726_3242914923

実際には、てりやきハンバーグの中にチーズが入ってました。ということは、メニューは、 「チーズ IN てりやきハンバーグ WITH 竜田揚げ」だろう、ってまあどうでも良いですが。 それと、竜田揚げメニューにあるのに、トッピングで唐揚げセットも頼んでしまったのは、自分的にもいかがなものかとは思いますが。

でもこれで790円は良いかなあ。ガスト初めて入ったけど、味もまあまあ美味しいし。

それと、Jリーグの方はこちらです→横浜Fマリノス×ジュビロ磐田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜F・マリノス×ジュビロ磐田

2010年5月1日(土)
横浜F・マリノス1−0ジュビロ磐田
日産スタジアム

GWの初っ端の5月1日、横浜×磐田戦の観戦のため日産スタジアムに行ってきた。
菊名で乗り換えた横浜線が快速だったため、今回は小机駅ではなく新横浜駅下車。
Dscn0510
Road To 日産スタジアム
この日はいい天気でした。ただ新横浜駅から歩くと、アウエイの入り口が遠い。歩いているうちに汗ばんできました。

そしてようやくスタジアム到着。すでに八田がウォームアップ始めてました。
Dscn0513

そして選手登場。全体のウォームアップ開始です。
Dscn0523

試合開始は、13時03分。
Dscn0526

そしていよいよキックオフ。
前半はほぼ互角といった感じでした。ただポゼッション的には横浜の方が良かった、パス回しも良かったし、割と崩しも出来てた感はあった。一方の磐田はやや守備的。前節の浦和戦もそうだったように、カウンター狙いみたいな感じです。ただいつもボールが両サイドから入ってくるだけなんだよね。もう少し中に入れて、回して崩してっていうのが皆無。お互い得点の匂いのしないまま前半修了。

そしてハーフタイムには、パレードが、

人権サポーターのマスコットとか、
Dscn0531

横浜開港祭のおねーちゃんとか、
Dscn0537

そして何と献血ちゃんまで登場。
Dscn0541

そんなまったりしてる間に後半キックオフ。
後半は選手交代も含めて、試合が動きます。お互いに何回か決定的なチャンスがあり、だがそこが決められずみたいな感じで試合が進みます。後半だけで言えば磐田の方が決定的な場面は多かったかもしれない。ただイグノも前田も、ここ一番というところで合わない。もっと強引にいってもいいと思うんですけど、なんかちぐはぐな感じです。
そうこうしてるうちに、俊輔からのボールを天野が合わせてゴール。ようやく俊輔ボランチが生きた場面でした。前目に山瀬がいるから、俊輔ボランチが生きる。ゲームをコントロールするとい意味では、俊輔のボランチは最適かもしれない。
その後も磐田押し気味でしたけど、結局1-0で試合修了。せっかく前節浦和に0-1と勝ったのに、今回負けて連勝ならずです。今回勝って連勝しないと、前節の勝ちが生きてこないんだけど。まだまだ連勝する力はないのかもしれません。

試合終了後の挨拶
Dscn0547

前にも書きましたけど、もう成岡起用はいいんじゃないの。パクチホを上げて、左のSBは金沢浄で良いんじゃないかと思うけど。ジウシーニョが完治してくれば、今の成岡の所にジウシーニョが入るんだろうけど。あそこをなんとかして欲しい。中断明けからでは遅すぎると思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふりかえり(2010年4月)

早いもので4月が終わりGWです。ということで4月のふりかえりです。

まずは展覧会から、
・湘南と作家  原精一展@平塚市美術館
・特集展 新収蔵品展@平塚市美術館
Dscn0192
twitter@平塚市美術館

・ベルナール・ビュフェ展@目黒区美術館
Dscn0361
twitter@ベルナール・ビュフェ展

・「藤田嗣治ー東京・ニューヨーク・パリ」所蔵作品を中心に@目黒区美術館
twitter@藤田嗣治

・生誕120年 小野竹喬展@東京国立近代美術館
Dscn0387
twitter@小野竹喬展

・奇と笑いの木版画 歌川国芳展@府中市美術館
Dscn0451
twitter@歌川国芳展
twitter@府中市美術館

・美しき挑発 レンピッカ展@Bunkamuraザ・ミュージアム
Dscn0495
twitter@レンピッカ展

次に定番の
・iichikoのポスターVol.28

それから久々にこの一枚、
・「SHONAN2」@鴫剛

それと落語では、
・柳家小三治独演会@アミューたちかわ

サッカーは関東アウエイということで、
・湘南ベルマーレ×ジュビロ磐田@平塚競技場
・浦和レッズ×ジュビロ磐田@埼玉スタジアム2002

それから映画を2本、
・シャーロック・ホームズ@丸の内ルーブル
Dvc00127
twitter@シャーロック・ホームズその1
twitter@シャーロック・ホームズその2
twitter@シャーロック・ホームズその3

・シャッターアイランド@TOHO CINEMA スカラ座
Dscn0503
twitter@シャッターアイランドその1
twitter@シャッターアイランドその2

そして最後はプロ野球関係で、
・「週刊プロ野球セ・パ誕生60年」完結!
twitter@週刊プロ野球セ・パ誕生60年

4月はこんな感じでした。たまには美術展ネタでも更新しないと、5月は是非頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »