« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

iichikoのポスター Vol.28

iichikoポスター、数えて今回28回目。

今回のポスターはこれです、ど〜ん!

10apr2

良い佇まいの家ですなあ。コピーにピッタリと言った感じです。

そして毎回ひつこで、ビリーバンバンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦和レッズ×ジュビロ磐田

2010年4月24日(土)
浦和レッズ0−1ジュビロ磐田
埼玉スタジアム2002

高い高い埼玉高速鉄道に乗って、行ってきました埼玉スタジアム2002。3月末の平塚競技場の対湘南戦に続いての、今季2試合目の現地観戦。今節を迎えるまで浦和は首位、一方の磐田は相変わらず下位をふらふらしてまいして、そんな事も影響したか、みんな安パイと思ってか、いつもの埼玉スタジアムとは思えないほど、空席が目立った。

Dvc01127
ここはさすがにいっぱいです。

そして、いつも狭いアウエイ席も、境を移動してアウエイ席を拡大する事も無く、それでだいたいイッパイになったぐらい。今の磐田のチーム事情を反映してると言えば、してますね。

Dvc00132
1階はイッパイでしたけど、2階はあまり変わらずといったところでした。

試合が始まって、前半は互角の展開。お互い決めるべきところで決めていればというのが幾つかありました。特に西のあれは決定的だった。ということで、前半は0−0で修了。前半に限っていえばどっちが有利に展開というのもなかった。ほぼ互角。

サイド変わって後半は、開始から浦和ペース。エジミウソンのヘッドはゴールポスト直撃。すると今度はカウンターから、西のミドールシュートが決まって、ついに先制点。この日の西は、前半からミスが続いていただけに、全てを帳消にするゴール。それにしても素晴らしいゴールだった。

そして歓喜のゆりかごダンス
Sca1004242104017p1

ここから選手交代も含めて、一気に試合が動きます。1点先制したものの、その後も浦和の優勢は変わらず、何度も危ない場面が。ただこの日の磐田は守備的ではあったけれども、集中切らさず対応していたと思う。そしてその後も、危ないシーンを何度もしのいで、0−1で勝利。ロスタイムが長く感じられたけど、どうにか勝てた。この日は運も味方してくれたし、選手もよく守った。そう言えば八田の完封勝利は初めてか。

試合後サポーターと共に
100424_25

浦和に勝ったといっても、今シーズンまだ2勝目。次の試合に勝たないと、この勝利の意味が無くなってしまうので、次も勝って連勝と行きたい。Forza Jubilo!

それからtwitterでの今回のつぶやきです、
twitter@浦和×磐田その1
twitter@浦和×磐田その2
twitter@浦和×磐田その3
twitter@浦和×磐田その4
twitter@浦和×磐田その5
twitter@浦和×磐田その6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「SHONAN2」鴫剛

久々にこのカテゴリー。
実は先週の土曜日に、平塚競技場に湘南×磐田の試合を見に行きまして、その際にちょっと早く着いたので、近くの平塚市美術館に寄り道してきました。

そこで開催されていた「新収蔵品展」の中にあったのがこの作品です。

Sinshuzo08
「SHONAN2」鴫剛

最初遠目に見た時は、写真かと思って、そんなに良いわけなどと思いながら、作品の前に立ってみると、これ写真じゃなくて絵です。その事実を知った時は、思わず絶句して立ち尽くしてしまいました。
だってこの波の感じって、どう見ても写真でしょう。女性の水着の感じもどう見ても写真でしょう。でも作品の前に立って、見てみると絵なんです。確かに絵だわ。
確かにこれが写真なら、何でこの作品購入したのか聞いてみたい気がするけどね。
展示室には私一人。午前中からびっくりしたよ、本当に。

それと鴫剛さんのプロフィールはこちら

あんまり関係ないけど、湘南ベルマーレ×ジュビロ磐田の試合はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南ベルマーレ×ジュビロ磐田

2010年4月10日(日)
湘南ベルマーレ 0-0 ジュビロ磐田
平塚競技場

今日は関東アウエイということで、今年J1に上がってきた湘南ベルマーレとの試合を観戦するため、はるばる平塚まで行ってきた。はるばるという表現ですが、磐田行くよりはるかに近いけどね。そして平塚競技場実は初めてです。平塚市美術館までなら何度か来た事あるんだけどね。

駅を出ると早速こんなものとか、
Dscn0163

こんなものが。
Dscn0164

さすがに地元では応援に力入ってます。

今回は天気が良かったので、平塚駅からスタジアムまで歩いてきました。途中ちょっと寄り道して、ようやくスタジアム到着。この頃既に、いい陽気を通り越して汗ばむぐらい暑い。

Dscn0262
今回はアウエイのため、ジュビロ磐田は、ビジター用の白のユニホーム。

そしてこんなのまでが陣中見舞い?
Dscn0227
意外と可愛いね。こういう物には、敵味方無くほのぼのとした雰囲気です。

そうこうしてるうちに、選手のアップも終わり、いよいよキックオフ!
Dscn0286

試合が始まってみると、湘南の出足が早く、押し込まれる事が多い展開。今回も開始早々危ないシーンありました。秒殺でやられるパターンが多いので、またかと思ったけど、今日はなんとかしのいだ感じです。その後もどちらかと言うと湘南ペースで進み、ただ両者得点機もなく0−0で前半修了。それにしてもですね、両者とも本当にたいした見せ場も無かった。
後半もこのグダグダした感じは変わらず、後半の後半で多少見せ場があったぐらいで、結局0−0の引き分けで試合修了。何かメリハリのない、ずっとグダグダしてたような試合でした。お互いこんな試合でいいのか。そしてジュビロの成岡、こんなのでいいのか。終盤交代になるまで、存在ほとんど忘れてました。いままでもっと出来るはずだと思ってたんだけど、案外こんもんかもしれない。それが分かっただけでも、良かったかな。

Dscn0246
ゴール裏のジュビロサポ

Dscn0305
湘南の巨大フラッグ

そして試合終了後の前田選手
Dscn0316

前田。イグノとも動きは良かったと思う。ただあの動きをもう少し前目でやれれば良いのだが。そのためには、中盤でしっかり仕事のできる選手が必要なのだが。

それから元ジュビロの坂本選手に、ジュビロサポから拍手が送られてたし、試合終了後ジュビロゴール裏まで挨拶に来てくれた坂本選手に、ジュビロサポから坂本コール送られてました。坂本がジュビロにいたのは、もうずいぶん昔なんだけど、やっぱり前にいた選手だから、そこのチームで頑張ってるのは、こちらとしてもやっぱり嬉しいですよ。別にチームに泥塗って出て行った訳じゃないしね。

ということで、今後に非常に危機感を感じた今季初の生観戦でした。

それと、今回のtwitterのつぶやきです、
twitter@湘南×磐田その1
twitter@湘南×磐田その2
twitter@湘南×磐田その3
twitter@湘南×磐田その4

ここからはtwitterでRTさせていただいたものです,
twitter RT@湘南×磐田その1
twitter RT@湘南×磐田その2
twitter RT@湘南×磐田その3
twitter RT@湘南×磐田その4

次の生観戦予定は、4/24(土)埼玉スタジアム2002の浦和レッズ戦の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「LOVE」を購入

河合奈保子さんのデビューアルバム「LOVE」をiTunesからDLして購入してしまった。

LPはもってるんだけど、CDはないので1枚マルマルDL購入。お値段1,600円です。

ちなみにジャケットはこちら
42634726_1263336337

う〜ん、笑顔が弾けてる。

いかにも昭和のアイドル歌手って感じがして好きだなあ、これ。 松田聖子ほど完成度は高くないけど、私はこっちに方が好き。意外と声も出てるし、一所懸命歌ってます。

変拍子だったり、途中で転調したり、よく言えば曲調もバラエティに富んでいて、聞いてて面白いです。

ただ聞いてて面白いけど、アイドル歌手のデビューアルバムとしてはどうなんだろう。事務所もさほど期待してなかったのかもしれない(笑)。でも好きな1枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳家小三治独演会@アミューたちかわ

2010年4月4日(日)
柳家小三治独演会
アミューたちかわ

アミューたちかわでの柳家小三治師匠の独演会に行ってきた。ここでの小三治師匠の独演会というと、秋口9月という感じでしたけど、今回は桜の季節の4月です。実は先週も三鷹市公会堂の小三治師匠の独演会に行ってるので、2週連続小三治師匠三昧です。

最初は柳亭燕路師匠。そうです、こみっちゃんこと柳亭こみちの師匠。こういう場合は、前座とは言わずに、何と言うんでしょうか、よくわかりません。そして今回のお題は「粗忽の釘」。そう言えば、先週の三鷹でもこのネタでした。

そしていよいよ小三治師匠登場。大体1席目は長いまくらというのが通常なんですが、今回はまくら短めですぐにお題に。そしてお題は季節柄という事もあるんでしょうか「長屋の花見」。この噺を生で聞くのは初めてです。テンポといい話の間といいもう最高ですね。きいていて本当に気持ちが良いです。

そして仲入りの休憩が終わって、終演予定時間までまだ40分もある。今回ばかりは予定時間通りに終わらせる気なのかと思ったりして。何と言っても先週の三鷹では、仲入り休憩が終わった時には、すでに終演予定時間を超えていましたから。ただそんな訳ありませんね。2席目のまくらが始まると延々続きます。ひょっとして今回はまくらで終わりかなとちょっと期待したんですけど、ちゃんと2席目も落語やりました。お題は「品川心中」。この噺もいろんな人の聞いてますけど、小三治師匠で聞くの初めてかもしれません。もう一つの品川ネタの「居残り佐平次」はCDで何度も聞きました。なんといっても初めて買った落語のカセットでしたから。

今回も良かったなあ。もう円熟しすぎちゃった極み、みたいな。まあ登場して座ってお辞儀しただけで、笑いの取れる人そうはいませんよ。結局今回は終演予定時間から30分オーバーで終了しました。まあこのくらいは想定内ですけどね。

ということで今回のお題です、
Dvc00126

それと今回のtwitterでのつぶやきです、
twitter@小三治師匠立川独演会その1
twitter@小三治師匠立川独演会その2
twitter@小三治師匠立川独演会その3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊プロ野球セ・パ誕生60年」完結!

ベースボール・マガジン社から約1年間に渡って、毎週刊行されてきた「週刊プロ野球セ・パ誕生60年」の50号目を入手して、ついに全50号完結しました。こういったシリーズで完走したのは初めてです。

これ面白かった、久々の大ヒットです。1970年代後半からは、自分の中でほぼリアルタイムで野球を見てきたので、確認の意味も込め毎号毎号楽しく読めたし、逆に1970年代中期までというのはニュースの映像とかで見てきただけで、実際には見ていないので、そういう意味でも面白かった。

特にセ・リーグ、パ・リーグに分裂してからの数年間のごたごたとか、今まで全く知らなかったし。それと、やはり当たり前と言えば当たり前ですが、ONの凄さというのはよく分かった。長嶋、王両選手が、同じ時期に巨人にいたという奇跡的な事実と、今度はそこに向かって行く選手達がいて、それら互いの相乗効果のようなものが、プロ野球の隆盛につながっていくわけです。

ちなみに第1号はこれ、
T0305716jpg_2
長嶋引退からこのシリーズ始まりました。実は私がリアルタイムで覚えてる一番最初の試合は、長嶋引退試合。最後ゲッツーで終わってしまった。でもこの試合に中日の主力が出ていなかったというのは、知らなかった。

そして50号はこちら、
Cover_top
第1回WBC制覇に続き第2回も制覇。決勝戦最後のイチローの打席は、職場でもみんなワンセグ見てました。タイムリーの時は歓声が上がった。

毎号楽しく読まさせて頂いたので、感謝の意味も込めて、50号分の表紙どど〜んと一挙にアップ。
まずは1号から10号
110_2

続いて11号から20号
1120_page001_2

さらには21号から30号
2130_page001_2

さらにさらに31号から40号
3140_page001_2

そして最後41号から50号
4150__page001_2

やっぱり野球は面白いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふりかえり(2010年3月)

東京ではそろそろ桜満開です。ちなみに明日は花見の予定。
ということで3月のふりかえりです。

まずは展覧会から、
・ボルゲーゼ美術館展@東京都美術館
Dscn9827

・フランク・ブラングィン展@国立西洋美術館
Dscn9834
twitterその1

・ワンダーシニア30展@横須賀美術館
Dscn9884
twitterその1
twitterその2
twitterその3
twitterその4
twitterその5

・長谷川等伯展@東京国立博物館
Dscn9928_2
twitterその1

・アントワープ王立美術館コレクション@茨城県近代美術館
Dscn9962
twitterその1
twitterその2

・大観と栖鳳ー東西の日本画ー@山種美術館
Dscn0150

続いてはこんなイベントにも、
・第37回東京モーターサイクルショー@東京ビッグサイト
Dscn9992

続いては落語会が2本
・柳家小三治独演会@三鷹市公会堂
twitterその1
twitterその2
twitterその3
twitterその4

・橘家園蔵 柳家喜多八 柳家喬太郎 三人会@よみうりホール
twitterその1
twitterその2

久々に映画へ、
・ゴールデンスランバー@日比谷シャンテ
Dvc00065
twitterその1

さらにはライブも2本、
・福島邦子 LIVE@三軒茶屋ラヂヲデイズ
Img_0222
twitterその1
twitterその2

・AC/DC LIVE@さいたまスーパーアリーナ
twitterその1
twitterその2
twitterその3
twitterその4

そして毎度お馴染み、
・iichikoポスター Vol.27

最近twitterでのつぶやきが増えた分、ブログの更新がおろそかになってる気がする。まあ都合のいい言い訳という気もしますが。そこで今回のふりかえりは、twitterのつぶやきも少し加えてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »