« ジュビロ磐田ユース、準優勝! | トップページ | 稜線の風の如く 犬塚勉展 »

アートな路線

20091018artrosenn東京の営団地下鉄で一番最近開通した路線が、副都心線。
渋谷から池袋まで、ほぼ明治通りの下を走ってる路線です。で、この副都心線の8つの駅に、14人の作家による、パブリックアートが展開されているそうです。今営団地下鉄各駅に置かれてる、「TOKYO METRO NEWS 10月号」に載ってます。そうなんだあ、これ読むまで知らなかったよ。だいたい副都心線って開通してから1回しか乗ったことないし。
ということで、渋谷駅から順に追って行くと、
渋谷駅
・大津英敏「海からのかおり」
・絹谷幸二「きらきら渋谷」
明治神宮前駅
・武田双雲「希望」
・野見山暁治「いつかは会える」
北参道駅
・吉武研司「晴のち雨のち晴」
新宿三丁目駅
・千住博「ウォーターフォール」
・山本容子「Hop Step Hop Step」
東新宿駅
・中山ダイスケ「新宿躑躅」
西早稲田駅
・山口晃「地下鐵道乃圖」
・天津恵「大宇宙にはばたく」
雑司が谷駅
・木村光佑「雑司が谷の詩」「雑司が谷物語」
池袋駅
・宮田亮平「幸せのリング」

結構凄いラインアップですね、これ。個人的には渋谷駅、新宿三丁目駅、西早稲田駅とか見てみたい。というよりも、やっぱり全部行ってみないと。営団地下鉄の一日券買って、全駅回ってみるのも良いかもしれない。ほとんど「ぶらり 途中下車の旅」滝口順平さんの気分で。

それと「TOKYO METRO NEWS 10月号」の表紙はこちらです、
20091018metoronews

|

« ジュビロ磐田ユース、準優勝! | トップページ | 稜線の風の如く 犬塚勉展 »

アートな路線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アートな路線:

« ジュビロ磐田ユース、準優勝! | トップページ | 稜線の風の如く 犬塚勉展 »