« BURRN 創刊25周年! | トップページ | FC東京×ジュビロ磐田 »

アンリ・リヴィエール展

2009年9月5日(土)〜10月12日(月)
フランスの浮世絵師 アンリ・リヴィエール展
神奈川県立近代美術館 葉山館

20090923henririvieru神奈川県立近代美術館 葉山館で開催中の、フランス人浮世絵師アンリ・リヴィエール展に行ってきた。
フランス人浮世絵師と聞いて正直ピンとはこなかったのだが、ただ一時とはいえパリを中心に、ジャポニズム文化が大流行したことを考えれば、実際にやってみようと思う人もいただろうし、そんなに驚くべき事でもない。要はこっちが知らないだけかもしれない。

そんな彼の作品の特徴は、「さわやかな色彩」「重層的になっている遠近法」等々。後者はまさに浮世絵の技法。「さわやかな色彩」に関しては、お国柄がありますから、逆にこれがオリジナリティといえるかもしれない。その点は彼が、実際に日本に来て日本人から直接指導を受けた訳ではなく、自分なりに研究してある種極めたといえる部分だと思う。
違いが顕著なのが、刷り色の強弱。日本の浮世絵はそれぞれの色をしっかり出す傾向にありますけど、彼の作品はそこまで強くない。そこがさわやかな色彩になっているのだと思う。またそんなに強く刷り込まないことによって、夕暮れ、月明かり、日の出、といった微妙なニュアンスの色の出し方は素晴らしい。新たな発見でした。

それと作品的には、「エッフェル塔三十六景」というのが面白かった。エッフェル等ができるまでを三十六枚の作品で表現してます。特に「建築中のエッフェル塔トロカデロからの眺め」が素晴らしい。それと「エッフェル塔三十六景」はもちろん敬意をこめたオマージュ的な作品です。

さらに、今回の展覧会で、最初に展示してある「亡者の湾」「ギロチン」「傘下の埋葬」の3点が素晴らしかった。この3点はエッチングによる作品ですけど、いきなりインパクトありました。

いろんな発見があって面白い展覧会でした。ただし、作品リストがないというのは、昨今の展覧会を見てもいただけない。どうせ図録に出品リスト載せるんだから、そのデータ流用してプリントでいいと思うのだが。経費の問題とかいろいろあるんでしょうか。それと、ポストカードもう少し種類がほしいかったです。もう少しね。

それと、近くには山口蓬春記念館もありますから、一緒に廻ってみてはいかがでしょうか。
20090923yamagutihousyunn
山口蓬春記念館

|

« BURRN 創刊25周年! | トップページ | FC東京×ジュビロ磐田 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンリ・リヴィエール展:

» 「フランスの浮世絵師 アンリ・リヴィエール展」 神奈川県立近代美術館葉山館 [はろるど・わーど]
神奈川県立近代美術館葉山館(神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1) 「オルセー美術館・フランス国立図書館所蔵 フランスの浮世絵師 アンリ・リヴィエール展」 9/5-10/12 19世紀末のジャポニスムに影響を受け、木版やリトグラフにて主に自然を描いたフランスの『浮世絵師』、アンリ・リヴィエール(1864-1951)の画業を回顧します。神奈川県立近代美術館葉山館で開催中の「アンリ・リヴィエール展」へ行ってきました。 まずは本展の概要です。 ・2006年、リヴィエールの遺産を管理していた人物に... [続きを読む]

受信: 2009年9月25日 (金) 21時51分

« BURRN 創刊25周年! | トップページ | FC東京×ジュビロ磐田 »