« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

「花神」司馬遼太郎

昔読んだ本をもう一度読み返してみようという企画、題して「座 読書」(大瀧師匠に敬意を表して、勝手に付けさせて頂きました)。そして第一弾が「竜馬がゆく」でしたが、続く第二弾は同じく司馬遼太郎著による「花神」です。でもって、文庫本全3巻めでたく読了しました。

主人公は大村益次郎。靖国神社に銅像が建ってます。もっともこの物語では、90%ぐらいは村田蔵六ですけど。
この本読んで強く思ったのは、坂本竜馬と妙に通じるところがあるのではないかということ。二人とも身分階級のない世の中を望んでいたこと、非常に現実主義だったこと、思想だけでは倒幕はできないということ、そしてほぼやるべき事が終わった段階で暗殺されたこと。
何か妙に通じる気がすんだよなあ。もっとも性格というか人間性は全く違いますけど。死んだタイミングも、二人とも一緒。やるべき事をほぼやり遂げた時に、あっけなく斬られてる。完全にやり遂げた後ではなく、ほぼやり遂げた後というのが面白い。まさに時代によって生かされたんじゃないかという気がします。それにしても、この題材をNHKはよく大河ドラマでやったよなあ。物語の6割ぐらいは地味なお話ですよ。

Photo
「花神〈上巻〉」司馬遼太郎

Photo_2
「花神〈中巻〉」司馬遼太郎

Photo_3
「花神〈下巻〉」司馬遼太郎

そしていよいよ「座 読書」第三弾です。黒船来航→倒幕→戊辰戦争ときましたので、第三弾は西南戦争までということで、またまた司馬遼太郎「翔ぶが如く」にしました。ただこれ文庫本で全10巻なんだよね、読了できるんかどうか、そこが一番の心配事です。

「座 読書」第一弾は、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

iichikoのポスター Vol.19

毎度毎度駅で見つけては、人目もはばからず携帯カメラでパチパチとやっているうちに、数えて19回目。ということは、次は大台のVol.20じゃないですか。

ということで、今回のポスターはこちら、
20090922iichikosasikae

今回も、毎度お馴染み地下鉄目黒駅で発見。さりげなく瓶が置かれてる。このさりげなさが結構好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街角写真館 その7

前回から間が空きに空いてしまったこのカテゴリー、でもまだ死んでませんでした。ということで約半年ぶりこ更新。
今回はこれです、ジャーン!!!

20090827morinotonneru

暑い日でしたねえ、でもここの小径はちょっと涼しげでした。木が寄りかかってるみたいで、森のトンネルといった感じですかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュビロ磐田 J1通算300勝達成、しかし...

8月19日(水)ヤマハスタジアムでの、川崎フロンターレ戦に勝利して、J1通算300勝達成しました。これは鹿島アントラーズに続いて2チーム目。1年遅れでJ1に参加したチームとしては、このスピードでの達成は偉業と言っていいんじゃないでしょうか。そして、こういった一つ一つの積み重ねが、チームの重みになっていくのだと思う。
この300勝を支えた選手、スタッフ、チームそしてサポーターに拍手!good

そんな300勝に勢いで臨んだと思った今日の日本平での静岡ダービー、これがボロ負け。確かにこの時期で中2日はきついとは思うのだが、それにしても5-1というのはあり得ない。日本平でのダービーは、一番燃える試合だと思うのだが。punch

それにしてもこの2試合、本当に同じチームかと思うほどの違い。この不安定さが、今のチーム状況を表していると言ってしまえばそれまでなのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永井龍雲@座・高円寺2

2009年8月16日(日)
永井龍雲「歌花火2009」
座・高円寺2

まだまだ暑いこの前の日曜日、毎年恒例の永井龍雲「歌花火」に行ってきた。毎回会場を転々とするこのライブ、今年は高円寺にある、その名も「座・高円寺」。2009年5月オープンだそうです。それにしても凄い名前だねえ、もっとも会場はキャパ300弱ということで、こじんまりしていい感じでしたけど。
20090818kouennzi
外観はこんな感じ

20090818utahanabi
会場は、地下2F

ということで、この歌花火数えて5回目だそうです。ちなみに私は、2007年、2008年に続いて3回目。
そんな中、「蘇る夏」でライブスタート。3曲目の「夢うつつ」ではハワイで買ったウクレレの弾き語り、続いて「コンドルは飛んでいく」(ただし1番だけ)、続いて「あの頃」。ここまでの3曲が、ウクレレの弾き語り。「あの頃」聴いたの何年振りだろうか。何十年振りかもしれない。
6曲目の「夏服の写真」で、古寺ななえさん登場。さらには8曲目の「血の河」から、二胡奏者のウェイウェイウーさん登場。両手に華状態で、なかなか豪華な雰囲気に。さらに八代亜紀でお馴染みの「雨の慕情」。この曲は、阿久悠さんのトリビュートアルバム歌鬼2~阿久悠vs.フォーク~に収録されてるもので、いかにも永井龍雲らしく歌ってます。
ここで龍雲氏衣装替えのため引っこんで、ウェイウェイウーさんと古寺ななえさんによるジョイント。この時に演奏した、「ボイジャーズ EAST meets WEST」は、NHKで放送している「ダーウィンが来た」のエンディングテーマだそうです。ヒゲじぃもびっくりやね。
衣装替えのあとは、このライブのテーマ曲「歌花火」。まあ、歌花火っていう感じの曲です。そして本編最後は「道標ない旅」。この曲の目に、恒例の「がんばろう三唱」今年もやりました。完全に定番になりつつある、というか完全に定番となってます。
アンコールの1曲目は、再び3人で「ルリカケス」、良い歌やねえ。続いて夢は眠っていないか?、これはカラオケでした。そういえば、この曲の作詞をした富沢一誠氏客席にいました。それとこの曲アレンジ星勝。お金かかってるねえ。でもって最後は「祈りの詩」。これにて今年の歌花火は終了です。
夏の歌花火は、スペシャルな意味合いが強いので、意外な曲、意外な演出などあって面白い。意外とチケットとるのが大変ですけどね。
20090818taremaku
今年も垂れ幕が、隣には「夢」と書かれた色紙も

それから、過去見に行った「歌花火」はこちら、
・永井龍雲@浅草木馬亭(歌花火2007)
・永井龍雲@築地本願寺ブディストホール(歌花火2008)
また、ライウのもっと詳しい様子は、毎度お馴染みおかにょさんの「風の言伝」で楽しめます。

ということで、当日のセットリストです、
1.蘇る夏
2.この国の行方
3.夢うつつ(ウクレレ弾き語り)
4.コンドルは飛んでいく(ウクレレ弾き語り、ただし1番のみ)
5.あの頃(ウクレレ弾き語り)
6.夏服の写真 *古寺ななえ登場
7.十五のあいつ
8.血の河 *ウェイウェイウー登場
9.雨の慕情
10.ボイジャーズ East meets West *ウェイウェイウー、古寺ななえジョイント
11.新天地 *ウェイウェイウー、古寺ななえジョイント
12.歌花火
13.送り火
14.飛鳥
15.カトレア
16.暖簾
17.道標ない旅
― アンコール ―
1.ルリカケス
2.夢は眠っていないか?(カラオケ)
3.祈りの詩
*13曲目は曲名わからず、おかにょさんの「風の言伝」参考にさせていただきました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「地獄太夫と一休」河鍋暁斎

昨日、来年春開催の「長谷川等伯展」の事書きましたけど、その時に「長谷川等伯展」のポスターを見たのは、京博での「河鍋暁斎展」に行った時でした。でまあ、今日何気なく今まで買ったポストカードを見ていたら、その時に買ったポストカードを発見。

ということで、今回の「この一枚」はこちらです、

20091114kyousai
「地獄太夫と一休」河鍋暁斎

一休という坊さんについては、実はよく知らない。昔テレビでみた「一休さん」というマンガぐらいしか知らない。あれはとんちの利いた小僧さんだから、一休といえばあのイメージしかない。それがいきなり、この表情ですから、面白いというか何というか。
それにしても、この一休和尚活き活きしてますねえ。またこの構図が絶妙だよ。この太夫の衣装も凄いし、骸骨が三味線弾いて、その頭上で踊りまくる一休坊主も凄い。もっと言えば、この世も末感を絶妙に描いた、暁斎が一番凄いかもしれない。

ちなみに河鍋暁斎に関しての過去ログは、
・チラシの力「河鍋暁斎展」
・「国芳・暁斎 なんでもこいッ展だィ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長谷川等伯展、東へ西へ

昨年、京都国立博物館(略して京博)へ「河鍋暁斎展」を観に行った時だと思うのだが、2010年春に「長谷川等伯展」が開催されるという、告知のポスターを見かけた。
「おー、やるんだ」と思った反面、またお得意の京博スペシャル。ということは2010年4月は京都まで来ないと、と思ったりしてたんですが、今日新宿駅で「長谷川等伯展」の告知を見てビックリ、何と京都の前に東京国立博物館(略して東博)で開催されます。

20090812hasegawatohaku

今まで、曽我蕭白も坂本龍馬も狩野永徳も河鍋暁斎も、京博のみの開催だったのに、今回は東博でも開催して東西の国立博物館で開催されます。まあ、有名な作品を東博が収蔵してるということからすれば、そんなに驚くべきことでもないかもしれない。

まだ暑いこの時期に何ですが、来年の注目の展覧会の一つであることは間違い。

長谷川等伯展を東京国立博物館で観る、略して等伯 in 東博。くだらないこと書いてる場合じゃないってーの。

ということで日程です。
2010年2月23日(火)~3月22日(月・祝)東京国立博物館
2010年4月10日(土)~5月9日(日)京都国立博物館

それにしても、半年も先の展覧会を、もう告知してるっていうのが凄いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「扇風機にあたる猫」

もう8月ですからねえ、そりゃ猫も暑いわな。
ということで、こんなのドーン!!!

T0343484
ビッグコミックオリジナル8月20日号

作者はお馴染み村松誠さん。ビッグコミックオリジナルの表紙は良いねえ、もう何も言う事ありませんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「竜馬がゆく」司馬遼太郎

「竜馬がゆく」全八巻読了しました。

Photo_4

面白かったなあ~。
ちなみに来年の大河ドラマは、「龍馬伝」。主演は、福山雅治。もっとも、ストーリーは岩崎弥太郎の視点からみた坂本竜馬だそうです。それってどうなの。
「竜馬がゆく」でいいんじゃないのかなあ、そんな気がします。

坂本竜馬、何か一仕事終えたところで、あっさり死んでしまうのは、まるでヤンウエンリーのようだなあ、などと思いつつ読了しました。

いまだに人気が高いのもうなずけます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

山種美術館 移転。

7月27日日曜日まで開催されていた展覧会「上村松園/美人画の粋」展を最後に、山種美術館が千代田区三番町から、渋谷区広尾に移転します。1999年10月に、それまでの日本橋兜町から移ってきて、ちょうど10年経っての移動という事になります。

実を言えば、私が美術館巡りらしきものを初めてのが、2003年頃。こんなブログやってる割には、実はまだまだ新参者に毛の生えたようなものですが、2003年以降の美術館巡りで一番足を運んだのは山種美術館だった。日本画好きというのもあるし、それぞれの企画展がいろんなテーマで、いろんな作品を展示してくれて、初心者にとっては、毎回の企画展が日本画の教科書のようだった。まあ、それもこれも収蔵品の質の高さがあればこそなんですけどね。

印象的な展覧会は、「速水御舟展」「平松礼ニ展」「千住博展」、それから春先の恒例行事「桜・さくら・サクラ展」、さらには美術館の底力を見せつけた「山種コレクション名品選(前期・後記)」等々、挙げれば切りがない。

そして渋谷区広尾に移っての、こけら落しとなる最初の企画展が、「速水御舟 ー日本画への挑戦ー」。そしてその後1年ぐらいは、これでもかっていうくらいの、怒涛の企画展ラッシュとなります。ちょっと飛ばし過ぎのような気もしますが。まあ、スタートダッシュは何につけ大事ですけどね。

ということで新たな山種美術館、詳しくはこちらで。そういえば、Takさんのブログで新山種美術館紹介されてました。いい感じみたいです。今から開館が待ち遠しいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iichikoのポスター Vol.18

iichikoのポスター ,今回数えてVol.18です。

それがこれ、ドーン!!!

20090801iichikoposter

雲の感じが何とも言えず、夏ですなあ。梅雨もあけて、これから夏らしい猛暑ですかねえ。そんな今回のポスターは、地下鉄新橋駅で発見しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4つのスヌーピー 再び

以前、「4つのスヌーピー」という記事を書きました。これは、リクルートが発行している「HOT PEPPER7月号」の表紙に関しての記事だったんですけど、今回性懲りもなく、「4つのスヌーピー 再び」です。
それがこちら、
20090802snoopy2
「HOT PEPPER8月号」@リクルート

前回は、スヌーピーとウッドストックだけだったのに、今回は大勢になって、さながら「スヌーピーと愉快な仲間たち」みたいになってます。ルーシーがドラム叩いてるし。でもよーく見ると、チャーリー・ブラウンがいない。ということは、9月号もこのシリーズで、次こそはスヌーピーオールスターになってしまうんでしょか。
ということは、次も要注意かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふりかえり(2009年7月)

梅雨明けしたわりには、はっきりしない天気が続いて、蒸し暑い毎日ですが、7月のふりかえりです。

まずは展覧会から、
・日本の美術館名品展@東京都美術館
・イラストレーター170人が描く わたしの句読点@たばこと塩の博物館
・プレスカメラマン・ストーリー@東京都写真美術館
20090802preecamera

・久野和洋 ―地の風景ー展@練馬区立美術館
20090802kyuuwakazuhiro

・没後60年記念 上村松園/美人画の粋@山種美術館
20090719yamatane

・謎のデザイナー 小林かいちの世界展@ニューオータニ美術館
20090805kobayasikaiti

ジュビロ磐田ネタは、
・イ・グノ選手、復帰は良いのだが...

雑誌ネタは2つ、
・4つのスヌーピー
・権藤、権藤、雨、権藤

この一枚は、
・「煙草と女」伊野孝行

今回珍しくゴルフネタも、
・ワトソン、全英制覇...ならず

それから音楽ネタも、
・「WORLD WIDE LIVE」@SCORPIONS
・河合奈保子さんをiTuneStoreで買う

最後に季節がら暑いので、アイスの話題です、
・明治リッチストロベリーチョコレート アイスバー

7月は、これでも結構更新した方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »