« ふりかえり(2009年5月) | トップページ | iichikoのポスター Vol.17 »

三沢光晴、死去!

6月13日広島で行われた、「プロレスリング・ノア広島大会」で、三沢光晴選手が亡くなった。
バックドロップを受けた際に、頭部を強打。そのまま病院に運ばれたが、意識は戻らず、そのまま亡くなったとのことです。それにしても、「受身の天才」と言われた三沢選手にだけに、ちょっと信じられない。ただスポーツ新聞見てると、かなり調子悪かったみたいです。

派手なパフォーマンスはなく、とにかくリング上での戦いが全てという姿勢を貫き通してきた。それ故に激しい試合が多くて、見ているこっちが心配してしまうほど。試合見終わった後切なくなる時もあった。でもそんな姿勢にファンは熱狂し、惜しみない拍手を送ったんだと思う。ただ、あれだけ過酷な世界で生きてきて、46歳という年齢が早いのかどうかは、正直わかりません。ただ、もう少し好きにプロレスやらせてあげたかったけど。

昔、やれ新日派だとか全日派だとか、誰が一番強いんだ、というのがよく話題になった。でも三沢がトップになってからは、そういった話でなくなった気がするなあ。何か懐かしい話題だね。

心からご冥福をお祈り致します、合掌。

|

« ふりかえり(2009年5月) | トップページ | iichikoのポスター Vol.17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三沢光晴、死去!:

« ふりかえり(2009年5月) | トップページ | iichikoのポスター Vol.17 »