« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

Museum a_go_go on air! リスタート

1/5に更新して以来、休業状態だったもう一つのブログ「Museum a_go_go on air!」が、装いも新たに、リスタートとなりました。

これまでのケロログから、シーザーブログに移行しての、新スタート。心機一転でもないけど、がんばりましょう。

ということで、新しいURLはhttp://museumagogoonair.seesaa.net/

今後ともよろしくお願い致します。
             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その二「デッチーくん」

ゆるキャラカテゴリーの2回目です、ドーン!!!
20090318dettikunn
「デッチーくん」

東京駅にある大丸ミュージアムに「ミロ展」を見に行ったときに遭遇してしまいました。説明によると、京都の「丁稚どん」をモチーフにしたとのこと。そんな事言われなくても、このキャラ見ればわかるよ(笑)。

そして大丸の入口には、こんな大きな「デッチーくん」が鎮座しております、
20090320dettikunnninngyou
何気に「さくらパンダ」も小さく映ってます。

さらに、「踊るデッチーくん」
20090320odorudettikunn
「さくらパンダ」のお面をつけて踊ってます。

ベタすぎて、いいなこのキャラ。ちょっと危ないあの目も笑えます。

一応大丸のHPはこちらです。トップページで、踊る「デッチーくん」と「さくらパンダ」が迎えてくれます。

う~ん、大丸恐るべし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iichikoのポスター Vol.14

東京では、もう日中はコートがいらないくらいの陽気になってきました。そんな折、またまた発見iichikoポスター、数えて14回目。

そんな今回のポスターはこれです、ドーン!
20090318iichiko

季節はもうすぐ春、そんな気にさせてくれるポスターです。それとポスター貼られていた駅は、毎度お馴染み地下鉄目黒駅です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

松本隆@情熱大陸

今回の「情熱大陸」は、松本隆でした。

今までに作詞した曲は2000曲、オリコン1位を獲得した曲は51曲。オリコン1位獲得数は歴代1位だそうです。もっとも1位を獲得するかどうかは、作曲家、歌手によるところも大きいから、一概には言えませんけど。

そうは言っても、凄いねこの数。この曲もそうなんだ、という曲結構あります。

もっとも職業作詞家と言えば、阿久悠か松本隆ぐらいしか頭に浮かばない。あっ、阿木耀子さんもいます。

ということで、私の好きな松本隆作詞作品ベスト3は、
1.指切り
2.恋するカレン
3.冬のリヴィエラ

3曲とも、松本隆&大瀧詠一コンビです。やっぱりこのコンビ一番好きだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふりかえり(2009年2月)

3月もすっかりこんな時期になってしまいましたが、決まり事なので2月のふりかえりです。

まずは展覧会から、
・伝えたい日本画の今 遠き道展@上野の森美術館
20090315tookimiti

・加山又造展@国立新美術館
20090315kayamamatazou

・冬の夏 三瀬夏之介展@佐藤美術館
20090315misenatutenn

・近代の屏風絵 煌めきの空間@泉屋博古館分館
20090315sennokubyoubu

・文字の力・書のチカラ ―古典と現代の対話@出光美術館
・小杉放菴と大観-響きあう技とこころ@出光美術館

続いて映画館に足を運んだ映画、
・チェ39歳別れの手紙@日劇PLEX3
・007慰めの報酬@丸の内ルーブル

20090315007nagusame

・小三治@ 神保町シアター
20091115kosanzi

・チェンジリング@日劇PLEX3
20090315tyennzirinngu

久々に行った落語会、
・桂小米朝改メ五代目桂米團治襲名記念落語会@恵比寿ザ・ガーデンホール

今回iichikoポスターは2つ、
・iichikoのポスター Vol.12
・iichikoのポスター Vol.13

それから、
・街角写真館 その6

さらには音楽も、
・「FOOLS FALL IN LOVE」

切り抜きも、
・Vol.2「BOSTON」

そしてまたまたニューカテゴリー「ゆるきゃら」。1回目はこちら、
・その一「多古米」

こんなとこです。それにしても2月は、展覧会関係1回もアップしてない。ちょっと反省してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »