« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

iichikoのポスター Vol.13

駅で見かけるiichikoポスター、数えて13回目。

今回のポスターは、これ
20090227iichiko

今回も、地下鉄目黒駅にて発見しました。
それにしても、貼られてる期間は短い。それでいて、新たなポスターが貼りだされる頻度はいたって高い。次はどんなデザインなんだろうか、毎回楽しみにしてますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その一「多古米」

今回またしても新しいカテゴリーを作りました。
その名も「ゆるキャラ」

毎日普通に生活していても、実は町中ゆるキャラが溢れています。そんな愛すべきキャラクターの中から、目に停まったものを、アップしていこうという安易な企画です。

そういうことで、記念すべき第一回目はこれ、ドーン!!!
20090222takomai
「多古米」

「多古米」とは、文字通り千葉県多古町でとれるお米のこと。なかなか市場に出回らないうえに、美味しいらしく、まさに幻のお米だそうです。私も食べたことないですけどね。
そんな多古米のキャラクターなんです。

ねじり鉢巻きに、はっぴ姿で、力こぶし。なかなか、いなせなな野郎です。なかなかに良いなあ、これ。
ただこのキャラクター、名前がわからない。いろいろ調べたのだが、結局解らずじまい。悔しいんで、知ってる人いましたら、教えてくださいませ。

次はどのキャラクターにしようかな、今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五代目桂米團治襲名披露

2009年2月13日(金)
恵比寿ガーデンプレイス15周年記念全日空寄席公開録音
桂小米朝改メ五代目桂米團治襲名記念落語会
恵比寿ガーデンホール

久々に落語会に行ってきた。
落語会のタイトルは、「恵比寿ガーデンプレイス15周年記念全日空寄席公開録音 桂小米朝改メ五代目桂米團治襲名記念落語会」。簡単に言うと、米朝師匠の息子の小米朝が、米朝師匠の師匠にあたる、米團治を襲名しました、ということです。

20090214yonedanzi主演順に、
立川志の春「つる」...志の輔の3番弟子。「つる」は志の輔一門の前座でよくやる噺。
桂団朝「寄り合い酒」...中入り後の挨拶の時は、司会進行役でした。
桂南光「義眼」...以前NHKの「バラェティ生活笑百科」に出てました。しかしながら生で落語を聞くのは初めてです。さすがに米朝一門で香盤順位5番目だけあって、うまいです。今度また聞いてみたい。
立川志の輔(ゲスト)「みどりの窓口」...久々に聞く志の輔師匠、もう貫禄十分。まくらのネタも、落語のネタも何回も聞いてるのに、笑ってしまう。さすがですねえ。ただこの日のスポンサーが全日空だったのに、落語のネタがJRだった。これいかに。
    ― 中入 ―
御挨拶...桂米團治、立川志の輔、桂南光、桂団朝、桂米朝(御挨拶のみ)
桂団朝の司会で、米團治を除く御三方が思い思いの口上で、面白かったです。特に米朝師匠は、弟子というよりも息子に対してという感じがでていて、良い口上だったと思います。それとは別に、あんなに米朝師匠をネタにしていいんかい、一緒に舞台に上がってるのに。それだけ米朝一門の絆は固い、ということなんでしょうか。
桂米團治「七段目」...そしていよいよ主役の登場ということで、ネタは何かと思いきや、出ました「七段目」。初めて小米朝見た時もこのネタだったし、その後も何回も聞いてるけど、やっぱり面白い。特に定吉が若旦那の部屋に入ろうとする時に、部屋を走り回ってる若旦那の様子は最高です。アクションありで、「七段目」は大好きなネタです。

桂米團治、御歳50歳。噺家としては、あぶらが乗ってくる年齢でしょう。
乞うご期待ということで、今後が楽しみな噺家さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vol.2 BOSTON

前回からすっかり間が開いてしまったこのカテゴリー。実はそういうカテゴリー多いんです。いかにその場の勢いでつくってるかが、バレバレですな。

ということで、今回2回目の切り抜きはこれです、

200902boston
「BOSTON」

いやー、それにしても懐かしい切り抜きが、出てきたもんだ。
みんな良い表情してます。ただ、いつ頃の切り抜きなのか、かいもく見当がつかない。
それでも、レコパルショットと書かれているので、FMレコパルからの切り抜きでしょう。
この頃は、FM雑誌たくさん出ててました。自分はFMレコパル派だった。もっともこの後に、鈴木英人さんのイラストと出会って、FMステーション派へと変わって行くんですけどね。
それにしても、ボストンも新譜がでませんなあ。約30年でアルバム5枚。まあ、大瀧師匠ほどじゃないですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェ39歳別れの手紙

「チェ39歳別れの手紙」
日劇PLEX3

前作「チェ28歳の革命」に続く、「チェ39歳別れの手紙」を見てきた。

20090211che39キューバ革命の成功という、明るい未来へ向かっていく前作とは異なり、今回の作品では、ゲリラ部隊の指導者として、ボリビアの山中を彷徨いつづけるゲバラの姿を追いながら、ドキュメンタリーのように淡々と物語は進んで行く。

共産党からは裏切られ、農民からの賛同も得られず、脱走兵から情報が漏れ、圧倒的に不利な状態になっても、自分の信念に真っすぐに、ぶれることなく前進して行こうとするゲバラ。

そしてついに囚われの身となり、処刑されていく。ここでアングルがゲバラの目線に変わり、銃で撃たれ息絶えるまでの臨場感が凄まじい。特に効果音も使わず、最後まで淡々と進んで行くことで、逆に凄さが伝わってくる。エンドロールも黒の背景に、効果音もなく淡々と文字だけが流れていった。

自分の持つ理想と現実、キューバを取り巻く世界状況、そんな状況下でも、それでもなお自分の信念に向かって進んで行ったゲバラの生きざまが、死して40年以上たつ今でも、熱狂的に支持されている理由なのかもしれない。そんな一端が垣間見れた気がする。

ただ、「チェ28歳の革命」と「チェ39歳別れの手紙」は1本の作品として、上映すべきだと思う。その方が、よりチェ・ゲバラという人間に近づけたような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マックスコーヒー」、いよいよ全国デビュー

生まれて初めて知る、衝撃の事実!

それがこれ
  ↓
地域限定で約30年愛され続けた「マックスコーヒー」、いよいよ全国デビュー
Cxjnw0fucaaquy3

「マックスコーヒー」って地域限定だったの?

千葉で生まれて育った私としては、普通に自販機で買って飲んでました。パッケージデザインもまさしくこれ。

それにしても地域限定30年って、長くない?ここまできたら地域限定のまま終わった方がカッコいいのになあ。

ここでめでたく陽の目をみるようなので、全国の皆様飲んでみたらいかがでしょうか。味は特にどうということはありません。いたって普通ですから。って言ったら即座に否定されました。かなり甘いと 。そうだったかなあ。最近飲んでないのでよく覚えてません。

でもねえいや~、知らなかった。でもそう言われてみれば、東京の方に引っ越してからは、見てないです。まあ、だから、何?っていう感じですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街角写真館 その6

超不定期カテゴリー、街角写真館です。数えて6回目。
今回の写真はこれ、ドーン!

20090210cocacola3

佐藤美術館を出て、都営大江戸線の国立競技場前駅に向かっていた時に、ふと振り返るとこの看板が目に飛び込んできた。
見た瞬間に、これは写真撮らねばと思い、急いでデジカメ出して撮りました。
この看板良いなあ、ユーモアというかシャレてるというか、それでいて結構ポップ。
久々にいいもの撮った、かもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「FOOLS FALL IN LOVE」

今回は、ちょっと音楽の話です。

こう見えて、実は私音楽好きです。好きなジャンルもいろいろです。そんな中、50年代・60年代のR&Bも好きなんです。これは、間違いなく山下達郎さんのラジオ番組をずっと聞いてきた影響でしょう。

そんな中、いままでずっと欲しかった曲が、The Driftersの「Fools Fall in Love」なんです。たぶんSound Streetで初めて聞いたんだと思いますけど、初めて聞いた時からもう大好きで、ただなかなか買えずに、今まできてたんですけど、今回ようやくiTune Storeで購入することができました。嬉しいっす。

ということで、ほんのさわりだけどうぞ、
The Drifters 「Fools Fall in Love」

そして、この曲さっそくiTune Storeで購入したい方は、こちら
The Drifters - Watcha Gonna Do - Fools Fall In Love

それにしてもiTune Music Storeは凄いなあ、ピンポイントでどんどん検索できる。
今度は何を買おうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iichikoのポスター Vol.12

今回のiichikoポスターはこれ、

20090125iichiko

このポスターは、地下鉄目黒駅に貼ってあったものです。
1月中旬に見つけたんですけど、なかなかアップできずに、2月になってしまった。

遅ればせながら、ようやくアップです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふりかえり(2009年1月)

2009年はじめてのふりかえり、

まずは新年のごあいさつ、
・謹賀新年

つづいて展覧会
・没後40年レオナール・フジタ展@上野の森美術館
200901furikaerifujita

・画業40年 田渕俊夫展@日本橋三越本店
200901furikaeritabuti

・父と呼ばれる画家への礼讃セザンヌ展@横浜美術館
200901furikaerisezanne

・小西紀行展「千年生きる」@横浜美術館カフェ小倉山
・1930年代・東京展@東京都庭園美術館
200901furikaeri1930tokyo

・空は晴れているけれど@ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
・未来を担う美術家たち DOMANI・明日展2008@国立新美術館
200901furikaeridomani

・夢の美術館 日本の名建築写真展@ギャラリー”PHOTO IS"
200901furikaerinihonnmeikenntiku

・くまのがっこう 絵本原画展@松屋銀座
200901furikaerikumanogakkou

・智積院講堂襖絵完成記念 田渕俊夫展@日本橋高島屋
・氾濫するイメージ 反芸術以後の印刷メディアと美術@うらわ美術館
200901furikaerihannrannurawa

・「特別展妙心寺」(前期)@東京国立博物館
200901furikaerimyousinnzi

・博物館に初詣で@東京国立博物館
200901furikaerihakubutukannmoudehat

・レインボー喜寿 靉嘔 ~版画作品を中心に~@三鷹市美術ギャラリー
200901furikaeriayo

・2009両洋の眼 第20回記念展@日本橋三越本店
200901furikaeriryou

つづいて見に行った映画、
・チェ 28歳の革命@日劇PLEX3
200901furikaeritye

・252 生存者あり@丸の内ルーブル
200901furikaeri252

それから、
・iichikoポスター Vol.11

さらに、「この一枚」は、
・「ポートレイト<藤田嗣治>」@中山岩太

それからもうひとつ、「上生菓子(1月編)」
・「梅」と「寒椿」

1月はこんな感じでした。忙しかったのもあるんですけど、それにしてもブログの更新少なすぎ。2月はもう少し頻繁にと、ちょっと反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »