« iichikoのポスター Vol.9 | トップページ | 永井龍雲@BACK IN TOWN »

高山辰雄遺作展(前期)

高山辰雄遺作展人間の風景
2008年9月13日(土)~10月5日(日)前期
2008年10月11日(土)~11月3日(月)後期
練馬区立美術館

Takayamatatuo現在練馬区立美術館で開催されている、「高山辰雄遺作展人間の風景」に行ってきた。
昨年亡くなった高山辰雄の、没後一周忌をむかえるにあたって、初期から絶筆までの作品約100点が展示されている。高山辰雄の作品をまとめて展覧会という形で見るのは、私にとっては今回が初めて。

初期作品の「春光」や階段のところに展示されえいた「海の見える路」、さらには「花」「月湖」、人物表現が素晴らしい「鳥と」「青衣の少女」、そして圧倒的存在感の「森」。さらには、「地」「牡丹(阿蘭陀壷に)」「朝の星」、そして描写が素晴らし「雪の宿」、そして今回のとどめは「牡丹 洛陽の朝」
挙げていくと切りがないので、この辺にしますが、もちろん他にも素晴らしい作品たくさんあります。見終わった後は、いささか興奮気味でした。

この展覧会はお勧めです。ちなみに前期は10月5日(日)まで、10月11日(土)から始まる後期展示では、展示作品かなり入れ替わるとのこと。後期も絶対に行きたい、その前に前期もう1回ぐらい見ておきたい。そんな気持ちにさせられる、素晴らしい展覧会でした。

|

« iichikoのポスター Vol.9 | トップページ | 永井龍雲@BACK IN TOWN »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

lysanderさん

コメント&TBありがとうございます。
後期の展示が待ち遠しい、そんないい展覧会でした。

投稿: イッセー | 2008年9月25日 (木) 00時00分

イッセーさん
こんばんは

この展示はよかったですね!
私も何度も足を運びそうな口です...

投稿: lysander | 2008年9月24日 (水) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高山辰雄遺作展(前期):

» 静かに興奮する...高山辰雄展 (練馬区立美術館) [徒然と(美術と本と映画好き...)]
実家を出てから十五年にもなります。今では私の部屋だった空間は 親父の書斎になっていて(ちなみに親父の書斎は物置になっています)、 私の本棚だったところに親父の蔵書が置かれていたりします。 そんな中に、高山辰雄の日月星辰の図録があったのでした... 高山辰雄の作品を観るのはそれが初めてでした。ひっそりと存在し ている人物と風景。何とも言えない色彩で描かれた、それはただの 図録でしかないのに、言葉では言い表せない不思議な余韻を残して くれました。以来、実家に帰っては手に取って眺めていました... ... [続きを読む]

受信: 2008年9月24日 (水) 00時59分

» 「高山辰雄遺作展」 [弐代目・青い日記帳 ]
練馬区立美術館で開催中の 「高山辰雄遺作展 人間の風景」に行って来ました。 昨日とらさんから「ハンマースホイと高山辰雄の雰囲気が似ている」と言われ確かに一理あるな〜と思い山口晃展以来ご無沙汰していた中村橋の練馬区立美術館へ。丁度タイミング良く「高山辰雄遺作展」が開催されています。 昨年(2007年)96歳の人生に幕を下ろし他界された高山辰雄の回顧展。 「砂丘」1936年 東京美術学校在籍中に描いた「明るい日」、卒業制作の「砂丘」から、未完の絶筆まで前後期100点以上の作品で... [続きを読む]

受信: 2008年10月 7日 (火) 21時47分

« iichikoのポスター Vol.9 | トップページ | 永井龍雲@BACK IN TOWN »