« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

鈴木英人の世界展

画業30周年 鈴木英人の世界展
2008年7月23日(水)~7月27日(日)
日本橋三越本店新館7階ギャラリー

日本橋三越で開催された、「画業30周年 鈴木英人の世界展」に行ってきた。

20080730eizinn2

私にとって、鈴木英人といえばやっぱりFMステーション。英人さんのイラストを使った表紙を見た時からFMステーションに変えました。それまではFMレコパル買ってたんですけどね。
B5判が主流だった当時のFM誌。そんな中A4よりもちょっと大きめで、カラーページが多くて、そして英人さんの表紙ですから、やっぱりにそっちにいきますよ。

今回の展覧会は、英人さんの画業30年を記念してのものなので、もちろんFMステーションの表紙を飾ったイラストから、野生時代、いろんな企業の広告に使われたもの、はたまた山下達郎やサザンオールスターズなどのジャケット等々全ての時代の作品が網羅されていました。

また、制作工程のビデオを面白かった。1枚の作品を作るのに、色々な細かい工程を経て出来上がったいく様子が見れて、面白かった。

一つエピソードとして面白かったのは、「FOR YOU」のジャケット。このジャケットは達郎さん本人が、英人さんのアトリエに出向いてリクエストしたそうです。そしてその時のリクエストは、どんなイラストでもいいので、僕をイラストに登場させて下さい、というものだったそうです。なるほど、ジャケットを見ると右端の方に達郎さん描かれてます。

For_you_3
「FOR YOU」山下達郎

面白い展覧会だった。考えてみるとはじめてイラストレーションというものを、気をつけて見たのは英人さんの作品だった気がする。大げさに言えば、ここから始まったのかもしれない。

その後のサイン会で、当日買った作品集の他に、こんなものにまでサインをしてもらいました、

Scan003_5
別冊FMステーション「鈴木英人表紙作品集」
サインは中ページにしてもらったので、残念ながら見れません。

良い展覧会だったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iichikoのポスター Vol.7

このカテゴリー、Vol.6からすっかり間が空いてしまった。

もっともその間ポスター見かけなかっただけなんだけどね。そういうわけで久々に発見したのがこれです。

005

今回は、砂浜に打ちつける波という、何とも夏らしい仕上がりです。それと「ただ海を見る休暇です。」というコピーもいい感じですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえずビール!

毎日暑い日が続きますが、

とりあえずビールということで

034

カンパ~イ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街角写真館 その4

4回目の街角写真館、今回はこちらです、

082

梅雨も明けて、まさに猛暑の中、あまりの暑さで、猫もお休みです。しかしコンクリートの上で暑くないんだろうか。まあ、相手は猫なので、ニャンともわかりませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ミミズク」ベルナール・ビュフェ

ふくろうシリーズのようやく2回目。
なにより1回で終わることなく、2回目を迎えられたことが嬉しかったりして。

そんな2回目はこれ、

Docu004620080717mimizuku
「ミミズク」ベルナール・ビュフェ

このシリーズ1回目が写真だったので、2回目は絵の方でと思い探していたのだが、なかなかピタッとくるものがなく、なかなか更新出来なかった。作品選ぶのに一番重要なのが、その日の気分なので、なかなか難しいです。

そして、そんな2回目がこれ。もう絵を見た瞬間に誰が描いたかわかるというのは、やっぱり凄いことだと思う。それだけ、描き方の特徴が一般に認知されているということだから。この描き方好きだなあ。ビュフェの作品の多くは、自分としてはまさにツボ。この「ミミズク」も良い味だしてます。

ちなみに、フクロウシリーズの1回目はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「林」岡鹿之助

このカテゴリー、岡鹿之助先生2回目の登場です。今回は、これ!

20080715okahayasi
「林」岡鹿之助

この作品は、7月6日の日曜日まで、ブリヂストン美術館にて開催されていました「岡鹿之助展」で展示されていました。以前オークションで購入した、1984年ブリヂストン美術館にて開催された岡鹿之助展図録にも出ていて、待ちに待ってのご対面でした。良い作品だった、作品に吸い込まれそうな、力を持った作品です。展覧会自体も、落ち着いた雰囲気で良かったです。会期中2回も行ってしまった、滅多にないことです。

以前このカテゴリーに登場した岡鹿之助先生はこちらです→「森の館」岡鹿之助

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふりかえり(2008年6月)

ただいま梅雨真っ盛りということで、6月の振り返りです。

まずは、展覧会から、
・練馬区立美術館コレクション展@練馬区立美術館
20080701nerima
チャリンコ転がして最終日に行ってきました。良い展覧会でした。特に古沢岩美は良かった。
・冒険王・横尾忠則展@世田谷美術館
20080701yokootadanori
まだMACを使う前の、アナログの匂いがプンプンしてた展覧会。それと展示作品多すぎて、2回に分けて見に行けばよかったと、最終日にちょっと反省でした。
・原光子展@八王子夢美術館
20080701haramituko
風の動きと水の流れ、印象的な作品の多い展覧会でした。ただ、図録の色調がちょっと、だったかなあという感じです。

今月は3本、少なすぎです。

それから、この一枚は、
「鬱1」津田一江

さらに、街角写真館 その3

それと、新たに始まったカテゴリー、
ふくろうシリーズ その1

さらにジュビロ磐田はこちら、
横浜Fマリノス×ジュビロ磐田

6月はいま一つ活発ではなかった。7月はどうなりますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »