« ふりかえり(2008年3月) | トップページ | iichikoのポスター Vol.5 »

久々に落語を堪能...

3月29日(土)の三鷹市公会堂での柳家小三治師匠独演会に続いて、4月6日(日)も三鷹市公会堂に行ってしまった。目的は、立川志の輔独演会。それにしても2週連続で同じ場所で独演会、しかも2大師匠という、まさに2週連続三鷹へGO!という感じですな。

20080410kosannzi20080410sinosuke

まあ、いくら同じ主催者だからといって、もう少し変えたらいかがでしょうか。

それと、この2つの独演会とも、凄く気持ちよくできたと両師匠が言っておられました。小三治師匠にいたっては、今までで最高の「千早振る」と言ってました、さらに凄いのは2席目なんと、「青葉の笛」で終わり。つまりまくらで終わりです。いつかこの日が来ると思ってたけど、ついにこの時がきました。その場に居合わせた私は何とラッキー。

志の輔師匠の「柳田格之進」も良かった。なんかもう貫禄ついちゃって凄いです。数年前の立川流三人の会の時に、家元が「志ん朝をも超えた」と言ってましたけど、それもうなずけるくらい凄いです。あの時は「抜け雀」でした。

2週続けて、小三治師匠、志の輔師匠の落語が聴けるなんて、こいつは春から縁起がいいぜ!ということで、両日の御題です、
20080410kosannziodai20080410sinosukeodai

次はいつになるのやら。

|

« ふりかえり(2008年3月) | トップページ | iichikoのポスター Vol.5 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々に落語を堪能...:

« ふりかえり(2008年3月) | トップページ | iichikoのポスター Vol.5 »