« 「現代絵画の展望」展 | トップページ | ふりかえり(2008年1月) »

鴨居玲展

鴨居玲展
2008年1月2日(水)~2月24日(日)
笠間日動美術館

20080129kamoirei茨城県にある笠間日動美術館に、「鴨居玲展」を見に行ってきた。mixiのコミュニティで、この展覧会の事を知って、早速に行ってきました。

「鴨居玲展」と言えば、2005年から2006年にかけての巡回展が思い出されます。ただこの時は、金沢、神戸、広島、長崎という巡回で、関東エリアでは見ることは出来なかった。そんな事もあり、この時は神戸まで出かけて「鴨居玲展」見ました。この時の展覧会は、2006年の個人的なベスト10の第1位となった、良かった。

その時に比べれば、今回の展覧会では約40点が展示されており、展示点数では及ばない。しかしながら、こちらに訴えかけてくるものは同じ。むしろ今回は落ち着いてじっくり見ることが出来たかもしれない。神戸の時は、ちょっと興奮気味で舞い上がってたかもしれません。

展示された作品に描かれた人たちの表情は、デフォルメされて描かれているが、どの表情も人間の本質をついているように感じられる。1枚皮を剥げば人間誰でもこういった表情は持っているんだろう。人間の本質が描き出されているような感じです。

展示作品点数は多くなかったが、1点1点じっくり見れて良い時間が過ぎていきました。
まだまだ2月24日まで開催してますから、近ければもう1、2回見に行きたいんですけど、それはちょっと無理そうです。

|

« 「現代絵画の展望」展 | トップページ | ふりかえり(2008年1月) »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鴨居玲展:

« 「現代絵画の展望」展 | トップページ | ふりかえり(2008年1月) »