« 祝!岡鹿之助展 | トップページ | 鴨居玲展 »

「現代絵画の展望」展

「現代絵画の展望」展―それぞれの地平線―
2007年12月8日(土)~2008年2月11日(月)
第一会場
旧新橋停車場鉄道歴史展示室
第二会場
Breakステーションギャラリー
(JR上野駅正面玄関口ガレリア2F)

20080126genndaiganotennbou現在「現代絵画の展望」展―それぞれの地平線―なる展覧会が、旧新橋停車場鉄道歴史展示室Breakステーションギャラリーの2会場に分かれて開催されています。ちなみにBreakステーションギャラリーはJR上野駅のHard Rock Cafeの脇の階段昇った2階です。

何でこんな所で現代絵画、と思ったら、この展覧会の企画は東京ステーションギャラリーなんですねえ。現在東京ステーションギャラリーは改装中といことで、旧新橋停車場鉄道歴史展示室。ただここでは作品が入りきらないので、上野駅のギャラリーも使って、ということなんでしょうか。その辺はよくわかりませんが。

この展覧会では、2会場合わせて12名のアーチィストの作品が各2点づつの24作品が展示されています。ただし展示数は7:3ぐらいの割合で新橋の方が多いです。

新橋は、入っていきなり篠原有司男の作品が迎えてくれます。まじかで見ると強烈だね、これ。でもこういうギラギラした色使いは大好き。それとはうって変わって、加納光於の2作品も素敵です。こちらはなんとなく幻想的で、きめ細やかに描かれています。
そして個人的に新橋の目玉となる作品は、大岩オスカール幸男の「新橋」。もっともこれは私が彼の超大ファンということなんですけど。この作品の制作年が2007年となっているということは、ほぼ新作に近いと思う。相変わらず、彼の作品はいい香りがします。また、カタログには大岩オスカールとなってました、今後はこの名前でいくんでしょうか。

続いて上野。ここは完全にギャラリーです。ここでのお気に入りは、何と言っても丸山直文の作品。森の中からゆっくり汽車がやってくる様子がたまらなく良いです。昔のボブ・デュランのアルバムタイトルの「Slow Train Coming」、まさにそんな雰囲気の作品です。それと、小林孝亘や山本麻友香の作品も素敵です。

それと、今回の図録というかカタログ700円です。薄いですけど、内容も良いしお買い得感あると思います。

開催場所が新橋、上野なので通勤途中とかちょっと時間の空いた時とか、ふらっと行ってみたらいかがでしょうか。

|

« 祝!岡鹿之助展 | トップページ | 鴨居玲展 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

ステーションギャラリーの現状は仰る通りです。
東京駅のリフォームに合わせているので時間がかかるようです。
昨年の記事ですがTBします。

投稿: とら | 2008年2月10日 (日) 17時23分

はりるどさん

コメント&TBありがとうございます。
新橋の鉄道歴史展示室は、普段は鉄道の歴史みたいな地味な企画展です。なので、今回はさすがにびっくりしました。

投稿: イッセー | 2008年1月28日 (月) 00時29分

イッセーさんこんばんは。TBをありがとうございました。

大岩オスカールの新橋の新作はとても良かったです。
MOTでの個展も楽しみですよね。

新橋の鉄道歴史展示室には初めて入りました。
現代アートとのミスマッチがまた面白かったです。(普段は何を展示しているのでしょう…。)

投稿: はろるど | 2008年1月28日 (月) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「現代絵画の展望」展:

» 「現代絵画の展望」 鉄道歴史展示室/Breakステーションギャラリー [はろるど・わーど]
旧新橋停車場 鉄道歴史展示室(港区東新橋1-5-3) JR上野駅Breakステーションギャラリー(台東区上野7 上野駅正面玄関口ガレリア2階) 「現代絵画の展望 - それぞれの地平線 - 」 2007/12/8-2008/2/11 新橋と上野と二会場を用いて、「現代絵画界を牽引してきた中堅実力作家より若手作家」(ちらしより引用。)の作品が紹介されています。現在、長期休館中の東京ステーションギャラリー(東日本鉄道文化財団)プロデュースの展覧会です。 出品作家は以下の通りです。 堀浩哉、辰野登... [続きを読む]

受信: 2008年1月27日 (日) 23時44分

» 『現代絵画の展望』展ーそれぞれの地平線 @鉄道歴史展示室+Breakステーションギャラリー [Art & Bell by Tora]
 休館中の東京ステーションギャラリーの企画展。会場は2ヶ所に別れているが、入場は無料。小規模ながら、現代絵画のいくつかの断面をとらえている。 1.旧新橋停車場 鉄道歴史展示室 入るといきなり篠原有司男の2点。強烈な色彩が目に飛び込んでくる。《バクハツならまかし説け》ピンクのバスがひっくり返り、人間や蛙の姿がそこここに見える。  《バミューダ島の乗合バスの天井にトカゲが》は、バスの内部の暑い人間模様と、鉄枠の外の熱帯の風景で、天井のトカゲもはこの画面に溶けこんでいる。大分前に、同じカリブの... [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 17時21分

« 祝!岡鹿之助展 | トップページ | 鴨居玲展 »