« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

永井龍雲@浅草木馬亭

2007年8月25日(土)
永井龍雲「歌花火2007」
浅草・木馬亭

20070829_007うだるような猛暑の中、浅草木馬亭での永井龍雲のライブに行ってきた。
「歌花火」と題された、夏のライブも今年で3回目。そして3回目にして、初めてチケット取れて聴きにいってきました。

この日は、なんと浅草サンバカーニバルもあって、もう浅草は大変な人混み。もう木馬亭まで行くのに一苦労です。いくら知らなかったとはいえ、いやはや何ともあれです。

で、肝心のライブはと言うと、これが良いんですよ。心にしみるというか、グッときたりなんかして。いつもは、バックにもう一人ギターがいて、二人でやるんですけど、この日はギター1本のまさに弾き語りライブ。最近は年をとったせいか、一曲一曲が心にしみるね。

久々の永井龍雲、約2時間全18曲。良い時間でした。

演奏曲目は以下の通り(一部思い出せず、だいたいあってると思う)
1.ONECE UPON A TIME
2.愛に生まれて
3.夏時間
4.君色の夏
5.夏服の写真
6.十五のあいつ
7.歌花火
8.この日のための新曲といってました
9.ヴィオロンの風
10.三度目の秋
11.夏の蝶
12.ルリカケス
13.今日この頃
14.星月夜
15.激流
-ENCORE-
16.カトレア
17.笹舟
18.鳥のようなもの

*竜胆さんのコメントを元に、2、11、13曲目訂正しました。ありがとうございました。(9/2)

今年でデビュー30周年。ということは、初めて「想い」を聞いてから、もう30年経ってしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

柳家小三治独演会@松戸

2007年8月18日(土)
柳家小三治独演会
松戸市民会館

柳家小三治師匠の独演会を聴きに、松戸まで行ってきた。
師匠の独演会に行くのは実に久し振り。7月の志木での独演会は都合悪くて行けなかったので、いつ以来何だろうか、思い出せないくらい久し振り。実は、7月の朝日名人会では聞いてるんですけど、やっぱりそこはそれですから。

でまずは前座で、柳家禽太夫が登場。いつもは三之助なのだが、この日は違ってました。
演目は、「蜘蛛駕籠」。このお題久しぶりに聞いた。テンポもよくって面白かった。

そして、いよいよ小三治師匠の登場です。去年もそうだったんですけど、松戸の独演会では歌を披露して、その歌にまつわる長い長いまくらがあります。この日はいつもに増して長く、それがまた面白くって、とりあえず一席目はこれで終わりかと思わせるくらいの勢いでした。そしてその長いまくらのの後の演目が「宗論」。この話はCDでは聞いたことありましたけど、生で聞くのは初めて。旦那と息子の対照的な表情が面白いお話でした。

この後10分間の休憩。この時点で午後1時半に始まった独演会は、午後3時を少し回ってました。実に50分間ぐらいまくらだった計算になる。

そして休憩あけの二席目は、まくらなしでいきなり「こんにゃく問答」。小三治師匠で「こんにゃく問答」聞くのは初めて、CDにもなってないし。それにしても、演じている時の表情やしぐさ、そして話の間といい、見事です。こういうと生意気なようですが、年を重ねて、ますます芸に磨きがかかったという感じです。本当に聞いていて気持ちが良い。

結局終了予定時間を30分オーバーして、午後4時に終了。まさに至福のひと時でございました。

2007_0818この日のお題は、次の通りです。

「蜘蛛駕籠」柳家禽太夫
「宗論」柳家小三治
  -仲入りー
「こんにゃく問答」柳家小三治

ちなみに昨年の松戸での独演会の様子はこちらからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

@nifty 9年目に突入!

今日8月18日は、私が@niftyに入会した日だそうです。

今日@niftyからメールがきてました。しかも、今年で9年目とのこと。まあ、そんな事普通覚えてないです。

@niftyに入会した1998年というのは割と印象深い年です。なんといってもサッカー日本代表が、初めてワールドカップに出場した年です。結果は予想通り3戦全敗でしたけど、そんなことより出れた事が嬉しかった。1985年のメキシコワールドカップの予選から数えて13年目の快挙だった。それとただの名波ファンから、ジュビロファンに変わりつつあった時でもありました。

そしてその年の8月に、今のところに引っ越してきて、一人暮らしを始めて、新橋のキムラヤでパソコンも買って、買ったパソコンがFMVだったので、そのままニフティ・サーブに入会して、もう8年経って9年目突入です。最初はパソコン通信とかやってました。この言葉懐かしい。そう言えば、その時に携帯電話もIDOからドコモに変えたので、こちらも9年目突入です。

今や、パソコンと携帯電話は日常生活になくてはならないものとなりました。私の場合、携帯電話はそれほどでもないですが、パソコンはもう中毒寸前とまでは行かないが、それに近いものがあるかもしれない。

もう9年目、ということは来年はこのあたり全部まとめて10周年ということになります。
時の経つのは実に早い。そんな事を感じる今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車窓から

京都から名古屋までの、鈍行列車の旅。

好きな音楽聴きながら、ぼんやりと車窓からの風景を眺めつつ、のんびりとした時間が流れてました。

まさに至福の2時間半でした。

1

2

3

4

5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »