« 「重い手」鶴岡政男 | トップページ | 2006年落語のまとめ »

2006年展覧会 ベスト10

昨日が仕事納めで、今日から休みです。そうなると毎年恒例のベスト10の季節となります。今年で3回目。
ちなみに過去2回のベスト10はこちらになります。
2004年2005年

ということで、今年のベスト10挙げてみました。

1.「歿後20年 鴨居玲展」神戸市立小磯記念美術館
2.「大岩オスカール幸男展 見えない反射」池田20世紀美術館
3.「大竹伸朗 全景 1955-2006」東京都現代美術館
4.「日本画の巨匠 山本丘人展」平塚市美術館
5.「田中一村の世界展」とちぎ蔵の街美術館
6.「ロダン&カリエール展」国立西洋美術館
7.「萩焼の造形美 人間国宝 三輪濤雪の世界展」東京国立近代美術館工芸館
8.「イタリアを描く 絹谷幸二展」日本橋三越本店新館7階ギャラリー
9.「生誕120年川端龍子展」茨城県天心記念五浦美術館
10.「生誕120年藤田嗣治展」東京国立近代美術館
10.「歿後30年高島野十郎展」三鷹市美術ギャラリー

今年足を運んだ展覧会は約70、その中から選んでこのようになりました。見たい展覧会は必ず東京で開催される、という時代ではないのでこんな感じになりました。あと、10位は甲乙付け難く、去年同様同着ということで、全部で11の展覧会となりました。また今年に関して言えば、前半はいいペースだったんですけど、9月以降仕事の忙しさと、体調を崩したのとで、秋の大型展覧会はあまり行けていません。この点は反省しないと。やっぱり健康は大事です。また三の丸尚蔵館での伊藤若冲は全期行けなかったので、ベスト10には入りませんでした、全期行ってたら、間違いなくランクインだったと思います。千住博さんは、来年ランクインでしょう、多分。

それと、当然の如く上記展覧会以外にも素晴らしい展覧会ありますので、それらを列挙しますと、
・「現代中国の美術展」茨城県近代美術館
・「堂本尚郎展」世田谷美術館
・「宇治山哲平展」東京都庭園美術館
・「須田国太郎展」東京国立美術館
・「没後25年谷内六郎の軌跡ーその人と仕事」そごう美術館
・「ニューヨーク・バークコレクション展」東京都美術館
・「プーシキン美術館展」国立国際美術館
・「若冲と江戸絵画展」東京国立博物館
・「生誕100年記念吉原治良展」東京国立近代美術館
・「光の水墨画 近藤浩一路の全貌展」練馬区立美術館
・「生誕100年ダリ回顧展」東京・上野の森美術館

まだまだありますが、きりがないのでこの辺で。

|

« 「重い手」鶴岡政男 | トップページ | 2006年落語のまとめ »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

lysanderさん
コメント&TBありがとうございます。
結構遠征も好きだったりします。
今年はどうなりますか。
今年もよろしくお願いします。

投稿: イッセー | 2007年1月 3日 (水) 10時29分

こんばんは
コメントとTBをありがとうございました。

イッセーさんはカバーするエリアが広いですね...
私も来年はもう少し遠征をしようと思っています。

投稿: lysander | 2006年12月31日 (日) 16時28分

はろるどさん

コメント&TBありがとうございます。
素晴らしい未知なる作家はまだまだいますねえ。
来年はどんな作家にめぐり合えますか。

来年もよろしくお願い致します。

投稿: イッセー | 2006年12月31日 (日) 01時08分

こんばんは。イッセーさんならではのベスト10ですね!(フットワークも広い!)
堂本、須田、宇治山あたりは私も挙げました。
みなさん殆ど未知の作家でしたがとても感銘しました。良かったですよね。

今年はリアルでもお会い出来て嬉しかったです。
また来年も変わらず宜しくお願いします。

投稿: はろるど | 2006年12月30日 (土) 21時59分

takさん
コメント&TBありがとうございます。
毎年必ず何本かは見られずに、悔いが残る
展覧会ありますねえ。

来年はどうなりますか。
来年もよろしくお願い致します。

投稿: イッセー | 2006年12月30日 (土) 21時12分

とらさん
コメント&TBありがとうございます。
どうしても日本画が中心になってします。
来年は、もっと洋画も見るようにしたいと思います。

来年もよろしくお願い致します。

投稿: イッセー | 2006年12月30日 (土) 21時07分

こんにちは。
TBありがとうございました。

本当に甲乙付けがたく悩みますよね。
選ぶのにとても時間かかりまいした。

高島野十郎展に行けなく悔いが残ります。。。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。
よいお年をお迎え下さい。

投稿: Tak | 2006年12月30日 (土) 11時09分

田村一村、山本丘人、宇治山哲平も良かったですね!
良いお年をお迎えください。

投稿: とら | 2006年12月30日 (土) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118201/13254802

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年展覧会 ベスト10:

» 2006年の「美術展ベストテン」 [Art & Bell by Tora]
 2004年から行っている「美術展ベストテン」をアップしました。2006年も多数の良い展覧会に恵まれましたが、今年は国内美術の展覧会(里帰り展を含む)が大健闘でした。1. ブラド美術館展 06.3 2. 仏像- 一木にこめられた祈り 06.10 3. 江戸の誘惑- ビゲローコレクション 06.10 4. プライスコレクション展 06.7 5. バークコレクション展 06.1 6. アンリ・ルソー展 06.10 7. 花鳥(伊藤若冲) 06.3-8 8. 応挙と芦雪 06.12... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 08時54分

» 2006年 美術展・映画・講演会 総まとめ! [Floral Musée]
Venerdi, il ventinove Dicembre 2006son [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 09時17分

» サルバドール・ダリに告ぐ#10・・・「ダリ」(伝記③) [飾釦]
〜ダリ展を観た。そしてダリを感じダリを知るために〜 ◆「ダリ」(メレディス・イスリントン・スミス著)◆ ダリといえばガラ、ガラといえばダリ。ダリにとってガラは必要不可欠の存在であったようです。終生ダリはガラにこだわっていた。一人の女性を徹底的にこだわる、それは少し偏執狂的すぎないか。そんなによかったんですかね、ガラは。実は私もどちらかというとドンキホーテ・タイプというよりは、一人の女性と�... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 09時51分

» 2006年 展覧会ベスト10 [弐代目・青い日記帳 ]
戌年も残すところあと数日。 年賀状も昨日やっと書き終え投函。(猪の図柄って難しいですね) 大掃除も終えたので今年のベスト10でも。。。 っと思ったのですが、難しい。毎年頭悩ませます。 「だいたい展覧会行き過ぎているのよ!」と 横から大変尤もなご意見をかみさんから下賜。 因みに昨年と一昨年はのベスト10はこんな感じ。 [:アート:]2004年 展覧会ベスト10 [:アート:]2005年 展覧会ベスト10 あらためて見なおし、振り返ってみると いかに多くの方々に支え... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 11時06分

» 2006年 私が観た美術展 ベスト10 [はろるど・わーど]
先のコンサート編に引き続き、美術展のベスト10を挙げてみました。 「2006年 私が観た美術展 ベスト10」 1 「花鳥 - 愛でる心、彩る技<若冲を中心に>」(1期、2期、3期、4期、5期)    宮内庁三の丸尚蔵館 3/25-9/10 2 「プライスコレクション 若冲と江戸絵画展」 7/4-8/27    東京国立博物館 3 「ゲルハルト・リヒター展」 2005/11/3-2006/1/22    川村記念美術館 4 ... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 21時54分

» プレイバック 2006 (美術篇) [徒然と(美術と本と映画好き...)]
そろそろ今年も納めてしまおうかと... ギャラリー系 1. あるく時間のあしあと (秋山さやか展 高橋コレクション) 2. 池田学展「景色」 (ミヅマアクション) 3. 天上のシェリー 西野達展 (メゾン エルメス) # 銀座、京橋、清澄白河、中目黒、谷中、ぽつりぽつりと不定点観 # 測することで、自分なりの地図ができてきたように思います... 楽しい時もあればつまらないときもあります。でも、はしごしたす べてのギャラ�... [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 16時26分

« 「重い手」鶴岡政男 | トップページ | 2006年落語のまとめ »