« 大竹伸朗 全景 1995-2006  | トップページ | 今日は... »

「ナンバダワールドダンシング」@S.E.T

2006年10月28日(土)
第44回本公演「ナンバダワールドダンシング」
東京芸術劇場・中ホール

10/28(土)何とか仕事を午後6時に切り上げて、池袋の東京藝術劇場中ホールで、三宅裕司率いるスーパーエキセントリックシアターの第44回本公演「ナンバダワールドダンシング」を見てきた。

20091108set

ここ7~8年はこの時期必ず見に行ってます。いわゆる一つの風物詩となってます。
で、今回はのテーマはダンスです。今回は劇団員以外に本物のダンサー17人が加わっての舞台。何か凄いね。ダンスよくわからないけど、凄いね。特にHIDEBOHという人による、タップダンスが凄かった。いやはや感動してしまいました。

それと三宅&小倉の掛け合いも相変わらず面白く、何回見ても面白い(また来年も行くと思います)。
それにしても三宅さん、最後の太鼓を叩くところ決まってましたねえ、さすがに生粋の江戸っ子、神田っ子といったところで、粋に決まってました。

今年は無理かなあと思ったけど、いろんな人の助けもあって行けました(チケット無駄にならなくて良かった)。感謝、感謝です。まあ、そのため今日10/29(日)は仕事でしたが(笑)。

それから色んな人から花が贈られてました。

御大伊東四朗さんから
2006_10280019

それと立川志の輔兄貴からも、さすが紫紺亭志い朝つながり。
2006_10280020

その他にもたくさんの人からお花届いてました。

|

« 大竹伸朗 全景 1995-2006  | トップページ | 今日は... »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ナンバダワールドダンシング」@S.E.T:

« 大竹伸朗 全景 1995-2006  | トップページ | 今日は... »