« 神保町で川端龍子 | トップページ | 見に行って、書けなかった展覧会 その3 »

立川流三人の会@紀伊國屋ホール

立川流三人の会
2005年11月1日(火)
紀伊國屋ホール

「高田文夫プロデュースVol.1 立川流三人の会」を見に、新宿紀伊國屋ホールに行ってきた。
出演は、立川流の三人こと、立川志の輔、立川談春、立川志らく。そしてこの落語会のプロデューサー高田文夫。

Tatekawaryuusannnin_thumb_2

よくこれだけ揃ったもんだと思う。 まさに夢のような落語会。ちなみにこの日の出演順は、じゃんけんで決めてました。それにしても志の輔じゃんけん弱すぎ。
結局出演順は、談春、志らく、志の輔の順に。勿論三人とも上手い、でも志の輔の上手さは群を抜いてると思う。あの雀を描くところでの仕草といい、話の間といい、凄い完成度だった。家元も凄いが、志の輔も凄い。

最後に、出演者に加えて、柳家花禄、昔昔亭桃太郎、そして家元も登場。また客席には、山藤章二さんもいました。

それから、最後に家元が、今日の志の輔は、志ん朝を超えた、と言ってました。でもそう言わせるくらい、この日の志の輔は良かった。

いい落語会でした。ただこのメンバーでVol.2があるんでしょうか。やれたら凄いですけど。

そしてお題は、
立川志らら「前説」
高田文夫「道具屋」
立川談春「鈴が森」
立川志らく「お直し」
   -休憩ー
立川志の輔「抜け雀」

|

« 神保町で川端龍子 | トップページ | 見に行って、書けなかった展覧会 その3 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立川流三人の会@紀伊國屋ホール:

« 神保町で川端龍子 | トップページ | 見に行って、書けなかった展覧会 その3 »