« ジェフ千葉×ジュビロ磐田 | トップページ | 生々流転(前半部分) »

印象派絵画54点差し押さえ

ネットのニュースサイトを見ていたら、こんな記事をみつけました。

「タス通信などによると、スイス司法当局は16日までに、ロシア政府との取引で巨額の債権を持つスイスの貿易会社ノガ社の訴えに基づき、スイス国内で出展されていたロシア国立プーシキン美術館所蔵の印象派の有名絵画を差し押さえた。同美術館によると、差し押さえられた絵画は54点。差し押さえが続けば、今後外交問題に発展する可能性もある。」何か凄い話。しかも差し押さえられたのがプーシキン美術館って、今上野の東京都美術館でやってるあれです。ロシア政府との取引で巨額の債権を持つって、それも凄い話。政府筋って一番信用度の高い相手だと思うけど。

これ差し押さえて、それでもロシア政府が踏み倒そうなんてしたら、作品売っちゃおうってことか。何か落語の根多みたいだ。あと54点もある作品いったいどの作品なんだろうか。それも知りたい。いずれにせよ一番被害を被ってるのは作品なわけで、別に作品に罪はありません。一日も早く無地に美術館に帰れることを祈ってます。

|

« ジェフ千葉×ジュビロ磐田 | トップページ | 生々流転(前半部分) »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118201/49281928

この記事へのトラックバック一覧です: 印象派絵画54点差し押さえ:

« ジェフ千葉×ジュビロ磐田 | トップページ | 生々流転(前半部分) »