« 立川流三人の会@紀伊國屋ホール | トップページ | 「ニライカナイ錬金王伝説」@S・E・T »

見に行って、書けなかった展覧会 その3

忙しさにかまけえ、見に行ったけどアップ出来なかった展覧会、その3です。

10月2日(日)鑑賞
小杉小二郎展
日本橋三越本店新館7階ギャラリー

Kosugikozirou_thumb
シンプルでありながら、幻想的な色使いで良い感じです。
個人的には「六区のメトロ駅」や「窓辺の三色すみれ」好きです。あとコラージュが、お洒落で格好良い。ちなみに、小杉方庵は祖父だそうです。

10月10日(月)鑑賞
没後50年モーリス・ユトリロ展
日本橋高島屋8階ホール

Utolilo_thumb
佐伯祐三も影響を受けたという、モーリス・ユトリロの展覧会。初期から晩年まで約80点が展示されてました。でもやっぱり、「白の時代」と言われる時期に描かれた「ラパン・アジル」や「モンマルトルのアブルヴォクール通り」といった作品が良いです。まさに1杯の赤ワインを飲むために描いた作品たち。後期も色鮮やかで良いんですけど、やっぱり初期の作品のほうが良いです。

10月10日(月)鑑賞
青木繁ー《海の幸》100年展
ブリヂストン美術館

Aokisigeru_thumb
「海の幸」という作品を生で見たのは実は初めてです。近くで見ると、下書きの部分もそのまま残っていたり、グリッド状の線が残っていたり、人の配置を換えて描かれた様子がわかる。一見未完成なのかと思ってしまう。
それでいて、離れて見ると凄い存在感だったりする。28年という生涯は、短すぎる気がする。

10月22日(土)鑑賞
ギュスターブ・モロー展
BUNKAMURAザ・ミュージアム

Moroore_2_thumb
ギュスターブ・モローの作品を、まとまった形で見るのは初めて。
個人的には「出現」が良かった。この全体の描き方が面白い。他にも「サッフォーの死」「サロメ」といった作品も良いです。ジョルジュ・ルオーが、ギュスターブ・モローの弟子で、初代国立ギュスターブ・モロー美術館の館長だったというのは、初めて知りました。そうだったんだ。

その4に続きます。

|

« 立川流三人の会@紀伊國屋ホール | トップページ | 「ニライカナイ錬金王伝説」@S・E・T »

ふりかえり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見に行って、書けなかった展覧会 その3:

« 立川流三人の会@紀伊國屋ホール | トップページ | 「ニライカナイ錬金王伝説」@S・E・T »