« 40周年だよ!全員集合 | トップページ | 絹谷幸二展 »

横山大観展

近代日本画を創造した芸術家の真髄
横山大観展
2005年3月23日(水)~4月10日(日)
日本橋三越本店新館

Yokoyamataikannmitukosi_2日本橋三越本店の新館にて、「横山大観展」を見てきた。これは、島根の足立美術館の開館35周年を記念して、開かれたもの。足立美術館は、横山大観コレクションでは有名な美術館です。

横山大観の展覧会はmustなので、出来る限り行きたいとは思ってます。といっても今回でまだ4回目ですけど。で、最初に飾られているのが「無我」です。でもこの「無我」を見るのは初めて。「無我」は3点描かれていて、そのうちの1点。去年京都で見た「無我」も良かったが、こちらの「無我」も良いです。また新たな発見が。次に、「曳船」。水夫の様子が素晴らしいし、全体の構成がまた素晴らしい。これが、いわゆる「朦朧体」と言われて、作品を発表した当時はほとんど評価されなかった技法です。その時の苦悩は、「岡倉天心物語」にも記されています。他にも素晴らしい作品が、特に生き物を描いた作品は、そこで動き出しそうな感じがする程に素晴らしい。

そして「紅葉」。六曲一双のスケールの大きな作品。豪華絢爛という言葉がぴったり合う作品。人が多くなかったので、椅子に座ってゆっくり鑑賞できました。また、3年前に62年ぶりに発見された「龍躍る」も展示されている。これは昨年藝大美術館で観た、海山十題の中の1点。この20作品のうち8作品が、足立美術館に収蔵されている。これも凄い事だ。「夜桜」も展示されている。この作品も3点あって、その中の1点。小さいほうの作品。大きい作品は大倉集古館所蔵です。

他にも素晴らしい作品が展示されていて、見応えある展覧会でした。4月10日までやってるから、院展とあわせて、もう1回いってこうかな。まだチケット1枚あるし。あと、足立美術館は写真でしか見たことないですけど、素晴らしい庭園のある美術館です。一度是非とも行ってみたい。ただ島根県ですから、東京からどのくらいかかるんだろうか。夏に、青春18きっぷで5日間かけて行ってこようかな。それもいいかもしれない。

|

« 40周年だよ!全員集合 | トップページ | 絹谷幸二展 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横山大観展:

« 40周年だよ!全員集合 | トップページ | 絹谷幸二展 »