« 工藤雅敏展 | トップページ | 銅版画の地平 »

落語ブーム?

ぴあから出ている「落語ワンダーランド」と白夜書房から出てる「寄席・芸人・四季」という本を買った。題名からわかる通り、2冊とも落語の本。ちょっと値段ははりますが、買ってしまった。
買った理由は、両方とも柳家小三治師匠が出ていたからと、そんなにくわしい訳ではないのでちょっと勉強の意味も込めて。

61wa75akbpl_ss500_
「落語ワンダーランド」

51rq37m0g0l_ss500_
「寄席・芸人・四季」

それにしても今落語ブームなの?書店の片隅だけどずいぶん落語というか演芸関係の本出てる。そんなに出して売れるのかねえ。いいんだよ無理して聞いたりしなくても。
俺が落語聞き始めたのは、18年ぐらい前で大学入ったばっかりの頃、その当時はバブル期だったけど、落語聞いてるなんていうと、鼻で笑われた。それが今じゃなかなかチケットとれない独演会まであるもんなあ。
まあ、縁あって落語と出会ってしまって、どっぷり浸かってる。でもやっぱり小三治師匠が一番好き。カセットでいろいろ聞いて、小三治師匠より上手い人は何人にもいたけど、でも聞いてて一番合うのは小三治師匠。ここは感覚だから説明できないけど。で初めてライブ見に行った時に、出てきて座って前を向いたときに、可笑しくて吹き出しそうになってしまった。その時に、やっぱりこの人一番だと思ったよ。
落語を知ってて損する事はないでしょう、知らないのは大損だけどね。

|

« 工藤雅敏展 | トップページ | 銅版画の地平 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落語ブーム?:

« 工藤雅敏展 | トップページ | 銅版画の地平 »