« BON JOVI 「NEW JERSEY」 | トップページ | 大岩オスカール幸男を見に行く »

ローラ・オーエンズ展

ローラ・オーエンズ展
2005年2月8日(火)~3月27日(日)
資生堂ギャラリー

Lauraowens銀座の資生堂ギャラリーで、ローラ・オーエンズ展を見てきた。ローラ・オーエンズは、LA在中の女性画家。2003年にロサンゼルス現代美術館で史上最年少で個展を開催したりと今注目の画家だそうです。今回の個展が日本初開催です。

彼女の作品は、動物・草花・人物といった具象的な物から、パッと見よくわからいような抽象的な物まで多岐にわたっている。動物の表情が凄く良い。「木の上に座る猿の親子の絵」や「ガイコツを見て驚いていると思われる猫の絵」、「葉っぱをかじってるリスだと思われる絵」このリス可愛い。また「大きな木のしたにいるリス」「女の人に両手で持たれている猫」の表情ちょっとびっくりした感じで良いです。あと木の枝に3匹並んで立ってるふくろうの表情とっても良い。ふくろうの絵愛好家の私としては、この中で一番好きな作品。

絵を見ていていて気が付いたのだが、この展覧会の作品には名前が表示されていない。そのため絵について書くとこうゆう表現になってしまう。この後図録を購入してもう一度見てみると、タイトルは全てuntitledとなっていてその脇に制作年代と思われる4桁の数字が記されていた。これは、作品それぞれにタイトルを付ける事に意味はないとする彼女の姿勢なのか、見る人の感性にまかせるといったことなのか。タイトルは名刺みたいなものだから、さして重要でもないのかもしれない。絵のタイトルを一所懸命覚える前に、その絵を見てどう感じるかが一番大事でしょう。

|

« BON JOVI 「NEW JERSEY」 | トップページ | 大岩オスカール幸男を見に行く »

GalleryParadise」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローラ・オーエンズ展:

« BON JOVI 「NEW JERSEY」 | トップページ | 大岩オスカール幸男を見に行く »