« 竹久夢二展 | トップページ | 全楽GO!(1月の会) »

新春放談 Vol.3

毎年恒例「新春放談」もいよいよ3週目に突入。

ここ数年は、3週間だったので、今年は春からちょっと得した気分です。
内容は、先週までのNIAGARAレーベル設立30周年のことから離れて、オールデイズのよもやま話。例年と同じのマニアックな話です。

この放送での新たな発見は、ジョーミークのバックでギター弾いてるのが、なんとリッチーブラックモアですか。知らなかった。いろんな事やってるんですねえ。
あと、音楽はその時代時代のものだから、昔の音楽を今評価しても意味がないというような事を、大瀧さん言ってましたが、全くその通りだと思います。また、デジタルとアナログの違いは、非接触か接触か、という話も面白かった。

やっぱりこれからは、アナログの時代ですかねえ。そうなると嬉しいんだけど。久々にアナログ・レコード買いにいこうかな。

内容の濃い面白い3週間だった。とりあえずは、3/21発売の、「NIAGARA MOON」30周年盤待ちどうしい。

|

« 竹久夢二展 | トップページ | 全楽GO!(1月の会) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春放談 Vol.3:

« 竹久夢二展 | トップページ | 全楽GO!(1月の会) »