« ヨーロッパ@東京国際フォーラム | トップページ | 富士 »

新春放談 Vol.2

先週に続いての、新春放談 Vol.2。

今回も、ナイアガラ・レーベル誕生秘話的な話が中心。

ナイアガラ・ムーンのオープニングの滝の音は、白糸の滝で山下達郎ら3人が中央高速飛ばして録ってきたものだった。徹夜明けにも関わらず、朝から高速飛ばして、滝の音だけとりに行くあたり、当時はみんな若かった。何と言っても30年前ですからねえ。

あと、当時のミュージシャンの演奏レベルの高いこと高いこと。ラジオで聞いてても臨場感伝わってきます。当時はデジタルじゃないし、ある種一発録りみたいなところがあったからかもしれない。あと、当時の大瀧さんの歌い方は、かなり作られた歌い方。ミュージシャンという面よりも、現場監督兼主演と言う感じだったから。演じてた部分が多い。

あといろいろ当時の話を。「聞いてみたから分かったよ」っていう大瀧さんの名文句通り、聞いてみなきゃ分からない事ばかり。

今週で終わりかと思ったら、来週も新春放談。来週は、オールデイズ関係の音楽の話題みたいです。第1回の1984年も、第2回の1985年も3回やったし、30周年だし良いんじゃないんでしょうか。

|

« ヨーロッパ@東京国際フォーラム | トップページ | 富士 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春放談 Vol.2:

« ヨーロッパ@東京国際フォーラム | トップページ | 富士 »