« 河井寛次郎記念館 | トップページ | 美しき日本の絵はがき展 »

琳派

日本の美「琳派」展2004
2004年10月5日(火)~10月17日(日)
日本橋三越本店

日本橋三越本店7階ギャラリーで開催されてました、「日本の美「琳派」展2004」に行って来ました。

20041005

三越の新館がオープンということで、半蔵門線の三越前駅の改札出てすぐ入り口なので、便利は便利です。

展示の方は、俗に創始者といわれる本阿弥光悦、俵屋宗達に始まり、大成させた尾形光琳さらに、酒井抱一らによる江戸琳派まで、歴史順に展示されており、素晴らしい作品も多く展示されてました。

俵屋送達「雷神図屏風」。今回が初公開だそうです。尾形光琳「菊図屏風」「白楽天図屏風」。酒井抱一「四季花鳥図屏風」。他にも素晴らしい作品ありましたけど、何せ混んでるし、くねくね曲がってるしでゆっくり見てられない。最終日の前の日だから混んでるのはしょうがないけど。近代美術館の「琳派」展見れなかったから、多少なりとも見れたから良しとしましょう。

2004_10170057
図録

図録が風呂敷に包まれて売ってました、定価2200円。風呂敷いらないからもっと安くして、というのは野暮なんでしょうか。あと、図録の表紙、中に折り込まれてるんじゃなくて。半ページ分外に折られてるため、めくるとき右手首の所にあたって、見ずらい。最悪。もう二度と見ないかもしれない。

図録は、変に凝ったりしないで、オーソドックスで、リーズナブルな価格の物が良いです。

|

« 河井寛次郎記念館 | トップページ | 美しき日本の絵はがき展 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琳派:

« 河井寛次郎記念館 | トップページ | 美しき日本の絵はがき展 »