« 川村記念美術館 | トップページ | 琳派 »

河井寛次郎記念館

今年の夏、所要で京都に行った時に、ついでに京都国立近代美術館で「横山大観展」を見て、そのあと京都の街をふらふらと歩いている時に、偶然見つけたのが「河井寛次郎記念館」でした。ですから、ここで場所の説明は出来ません。

Kawaihouse

実は、今年の春まで恥ずかしながら、河井寛次郎という名前すら知らなかった。たまたま渋谷区立松濤美術館で、「河井寛次郎展」を見て初めて知りました。その時に見た作品が非常にユニークというか独創的で面白かったんです。

それで、京都の街で看板見つけた時は、吸い寄せられるように中に入ってしまった。ただ実際に生活していた家屋をそのまま記念館にしているので、場所はちょっとわかりにくいです。普通の玄関のような入り口を入ると、外見からは想像できないくらい奥行きがあって、一番奥には実際に使っていた窯があります。

Kawaikama

実際に使われていた椅子やテーブル、机など落ち着いた感じで、本当に良い雰囲気です。また、名前と住所、目的をノートに書くと写真撮っても良いということでしたので、写真とってきました。また行きたい。

Kawaiface
御本人

Kawaihyougenn
御言葉

今、アサヒビール大山崎山荘美術館で、「表現者 河井寛次郎 いのちと心の造形」展やってます。ここの美術館も行ってみたい。ホームページで見る限りですが、すごく素敵な美術館のような感じです。ただ、どうしてアサヒビールという冠つけるのか。こうゆう素敵な美術館の名前にスポンサー名が入ると急に興ざめするんだよねえ。勘弁してほしい。

河井寛次郎記念館また行きたいし、大山崎山荘美術館も行ってみたい。京都遠征しようかな。

|

« 川村記念美術館 | トップページ | 琳派 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河井寛次郎記念館:

« 川村記念美術館 | トップページ | 琳派 »