« ピカソ展ージャクリーヌコレクション | トップページ | 日本近代洋画展 »

花と緑・自然を描く名品展

花博 花と緑・自然を描く日本画名品展
2004年9月7日(火)~11月7日(日)
佐藤美術館

佐藤美術館で開催されています、「花博 花と緑・自然を描く日本画名品展」を見てきました。

佐藤美術館初めて行きました。あまりに普通のビルなのでちょっとびっくり。

2004_10250096

ゆったりしていてとっても見やすい。真ん中に椅子が置いてあって、座って見ることも出来る。

作品の方も、日本画の素晴らしい作品が展示されています。工藤甲人「花中安居」、チラシにも使われていた稗田一穂「残照」、平川敏夫「仙境楓韻」、牧進「浅き春」、中島千波「御車返の桜」等々。他にも小倉遊亀、上村松篁、東山魁夷、その他たくさんの人の作品が展示されています。どの作品も大きくて見ごたえあります。

この展覧会、前期・後期で作品の入れ替えがあり、大きく作品が変わっています。私が見た時はすでに後期だったので、前期の作品は見れませんでした。

ちなみに前期は、主だった画家の方々には片岡球子、高山辰夫、加山又造、今野忠一、加藤東一、上村淳之などがおります。この人達の作品も見てみたかった。

|

« ピカソ展ージャクリーヌコレクション | トップページ | 日本近代洋画展 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花と緑・自然を描く名品展:

« ピカソ展ージャクリーヌコレクション | トップページ | 日本近代洋画展 »