トップページ | 知られざるロバート・キャパの世界展 »

レイモンド・ローウィ展

レイモンド・ローウィ~20世紀デザインの旗手~
2004年3月13日(土)~5月16日(日)
たばこと塩の博物館

デザイン関係に詳しくない私としてはレイモンド・ローウィという名前は全く知らなかった。ただこの展覧会のポスターに書かれている鳩のイラストが気になって、というかどこかで見たことがあるような、ないような。渋谷駅を通る度に気になるのです。

Img_20150524_0001
渋谷駅はこんな感じでした。

で見てきました。場所はたばこと塩の博物館。渋谷公園通りをNHKの方へ向かっていく途中にあります。見て疑問は解決しました。タバコの「PEACE」のイラストでした。どうりでどこかで見たことあるはずだよ。

そしてこれがチラシ
M_1149_1217840972

キャッチコピーが良いねえ、
戦後日本のデザインは1羽のハトから始まった。

他にもいろいろ見ていくと日本の企業と関係が深いらしく、「PEACE」の他にもミツワ石鹸、アサヒビール、ヤマザキナビスコ、不二家等々いろいろ手掛けています。また海外の企業でも、シェル、カナダ・ドライ、ラッキー・ストライク、BP、EXXON等のロゴもこの人の作品というのはちょっと驚きです。特に、ヤマザキナビスコ、シェル、カナダ・ドライ、不二家、BPなどは未だに当時のデザインが使われているし、そういわれなければ別段古さも感じない。

ちなみに「PEACE」のデザイン料は昭和26年当時で150万円だそうです。今の時代だといくらぐらいなのか想像も出来ませんが、これだけ長く使われれば決して高いものではないかもしれません。
不二家のペコちゃんのポスターを見た時に、ペコちゃんもこの人のデザインかと思ったら不二家のロゴでした。

|

トップページ | 知られざるロバート・キャパの世界展 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レイモンド・ローウィ展:

トップページ | 知られざるロバート・キャパの世界展 »