« レイモンド・ローウィ展 | トップページ | 世紀末フランスの華麗なポスター展 »

知られざるロバート・キャパの世界展

没後50年「知られざるロバート・キャパの世界」展
2004年4月3日(土)~5月16日(日)
東京都写真美術館

2004_05160005

戦争を肯定する者は誰もいない。
みんな口ではそう言ってもみんなの心の中までそう思っているとは限らない。現に近代において世界中で全く戦争のなかった時期というのはほとんどない。

そして多くのカメラマンやジャーナリストが取材のため現地へと入る。ロバート・キャパもそんなカメラマンの一人だった。そしてスペイン内戦で彼が撮った1枚の写真”崩れ落ちる兵士”で世界に名を轟かせることになる。

写真を見ていて一番驚いたのが被写体との距離の近さ。私のような凡人には戦争状態の中に行くということがすでに信じられないのに、その中のいわば最前線で戦っている兵士の姿や民衆の姿をカメラに収めていくのである。
 
その後も、日中戦争、第二次世界大戦、中東戦争、インドシナ戦争を取材。特に第二次世界大戦の時には「Dデー」作戦の当日連合国軍の第一陣と共にノルマンディ-に上陸している。そして、一連の戦争写真で世界的名声を得た彼の最後もまた戦争である。インドシナ戦争を取材中に誤って地雷を踏み爆死。享年40歳。戦争での一枚の写真によって世界的名声を得てその戦争で自らの命を落としたという、何か運命的なものを感じます。

|

« レイモンド・ローウィ展 | トップページ | 世紀末フランスの華麗なポスター展 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知られざるロバート・キャパの世界展:

« レイモンド・ローウィ展 | トップページ | 世紀末フランスの華麗なポスター展 »