トップページ | 2004年6月 »

2004年5月

知られざるロバート・キャパの世界展

没後50年「知られざるロバート・キャパの世界」展
2004年4月3日(土)~5月16日(日)
東京都写真美術館

2004_05160005

戦争を肯定する者は誰もいない。
みんな口ではそう言っても、みんなの心の中までそう思っているとは限らない。現に、近代において世界中で全く戦争のなかった時期というのは、ほとんどない。

そして、多くのカメラマンやジャーナリストが、取材のため現地へと入る。ロバート・キャパもそんなカメラマンの一人だった。そして、スペイン内戦で彼が撮った1枚の写真 ”崩れ落ちる兵士”で、世界に名を轟かせることになる。

写真を見ていて一番驚いたのが、被写体との距離の近さ。私のような凡人には、戦争状態の中に行くということが、すでに信じられないのに、その中のいわば最前線で戦っている兵士の姿や、民衆の姿をカメラに収めていくのである。
 
その後も、日中戦争、第二次世界大戦、中東戦争、インドシナ戦争を取材。特に第二次世界大戦の時には、「Dデー」作戦の当日、連合国軍の第一陣と共にノルマンディ-に上陸している。そして、一連の戦争写真で、世界的名声を得た彼の最後もまた、戦争である。インドシナ戦争を取材中に、誤って地雷を踏み爆死。享年40歳。戦争での一枚の写真によって、世界的名声を得て、その戦争で自らの命を落としたという、何か運命的なものを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイモンド・ローウィ展

レイモンド・ローウィ~20世紀デザインの旗手~
2004年3月13日(土)~5月16日(日)
たばこと塩の博物館

デザイン関係に詳しくない私としては、レイモンド・ローウィという名前は全く知らなかった。ただこの展覧会のポスターに書かれている、鳩のイラストが気になって、というかどこかで見たことがあるような、ないような。渋谷駅を通る度に気になるのです。

Img_20150524_0001
渋谷駅はこんな感じでした。

で見てきました。場所は、たばこと塩の博物館。渋谷公園通りを、NHKの方へ向かっていく途中にあります。見て疑問は解決しました、タバコの「PEACE」のイラストでした。どうりでどこかで見たことあるはずだよ。

そしてこれがチラシ
M_1149_1217840972

キャッチコピーが良いねえ、
戦後日本のデザインは1羽のハトから始まった。

他にもいろいろ見ていくと、日本の企業と関係が深いらしく、「PEACE」の他にもミツワ石鹸、アサヒビール、ヤマザキナビスコ、不二家等々いろいろ手掛けています。また、海外の企業でも、シェル、カナダ・ドライ、ラッキー・ストライク、BP、EXXON等のロゴもこの人の作品というのは、ちょっと驚きです。特に、ヤマザキナビスコ、シェル、カナダ・ドライ、不二家、BPなどは未だに当時のデザインが使われているし、そういわれなければ別段古さも感じない。

ちなみに「PEACE」のデザイン料は、昭和26年当時で、150万円だそうです。今の時代だと、いくらぐらいなのか想像も出来ませんが、これだけ長く使われれば、決して高いものではないかもしれません。
不二家のペコちゃんのポスターを見たときに、ペコちゃんもこの人のデザインかと思ったら、不二家のロゴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年6月 »