7/14のサンソンは、ピンチヒッター 宮治さんでした。

気管支炎で休養が必要という理由で、7/12・7/13の中野サンプラザ公演をキャンセルした山下達郎氏ですが、そんな中7/14放送のサンデー・ソングブックはなんとピンチヒッターと言う事で代役で宮治淳一さんが務めていました。喉の調子が悪い、ツアーで東京に戻ってこれない とうとう理由が重なったんでしょうか、それにしても緊急事態ですねえ。そう言えば前週の7/7放送分は雨傘番組という事で、不測の事態を想定して事前にストックとしてに録音していたものを放送してました。

いやあ大丈夫かなあ。ファンとしては心配なところです。自身も27年間の放送の中で代役の人にやってもらうのは初めてと言ってました。私も1983年のサウンドストリートからこまめに達郎氏のラジオは聞いてるけど、こんな事は記憶にないです。もっと言えば、コンサートを中止したというのも初めてらしいです。

また代役を務められた宮治淳一さんは、実は私ファンなんですねえ。毎週日曜日にラジオ日本で放送されている「宮治淳一の名盤アワー」実が毎回エアチェックしてたりなんかして。この日は2回も宮治さんの声を聞いてしまったりなんかして。またピンチヒッターを阪急の高井選手に例えるあたり妙に笑ってしまったりして。

さて来週はどうなるんでしょうか。1日も早く回復してツアーそしてラジオと元気な声を聞かせていただきたい。ファンとしては切に願うばかりです。

| | コメント (0)

山下達郎氏 7/12・7/13の中野サンプラザ公演中止

7/12・7/13に中野サンプラザで予定されていた山下達郎氏の公演は、自身の体調不良で中止との事です。公式サイトでインフォメーション出てました。それがこちら→https://www.tatsuro.co.jp/live/

いやあ、ビックリですねえ。今までコンサート中止した事あるのかなあ。40年近くファンしてますけど聞いた事がない。以前は90分ぐらいコンサートやって、喉の調子がおかしいから一旦中止して後日やり直しというのはありましたけど。しかもホームグランドの中野サンプラザ。今回は会場と他のメンバーの都合がどうしてもつかず振替公演もなく中止との事です。

そう言えば、松山千春さんも今年のツアーで喉の調子が悪くてツアー何ヶ所かキャンセルしてました。やっぱり生身の人間ですから、しかも長い事続けてこられて、経年疲労じゃないけどそういったものもあると思います。

そして何よりも1日も早い回復そしてツアーの再開を願っております。

| | コメント (0)

Dreams&Emotions vol.131

ジュビロ磐田 サポーターズマガジン Dreams&Emotions vol.131が届いた。

それがこちら、
20190525 

今シーズンは今のところかなり厳しいものになっています。2019年5月23日現在で、12試合終わって3勝3分6敗得失点差-16勝点12で現在12位。12位といっても最下位の清水エスパルスとの勝点差は3しかない。大井健太郎が復帰してからはなんとかまともになったけど、それまではDF酷かった。あと攻撃もいまひとつパッとしないし、要するに試合を見ていても勝てる気がしない。これから上向きになっていくんでしょうか。それとルヴァンカップはなんとかプレーオフまで行ったからさらに勝ち進んで欲しい。まあいずれにせよ残留争いに組み込まれていくような気がする。昨年のようなことなく早めに残留決めてくれて、さらに少しでも上にとは願ってますけど、どうなんだろうか。厳しいのかなあ。

| | コメント (0)

巨人 上原投手引退!

巨人の上原投手がシーズン途中での引退を発表して、記者会見を行いました。スポーツ新聞でも1面トップです。

それがこちら、
20190521

シーズン途中での引退というのは異例だけれど、それだけ本人としては期するものがあって、でもその気持ちに反比例すようにボールは行ってないという葛藤があっての決断だったと思う。もう44歳だから肉体の衰えはどうしようもない。

それにしても激動の野球人生だったんじゃないかと思う。東海大仰星ではエースではなく、卒業後一浪して大阪体育大に進みそこで頭角を現し、ドラフト1位で巨人に入団。2009年からはMLBで活躍し、2018年に巨人に復帰。そして2019年シーズン途中で引退。そんな上原投手といえばやっぱり巨人に入団した1999年が印象に残ってます。開幕15連勝で最終的には20勝で最多勝、その他にも最多奪三振、最優秀防御率、最高勝率、さらには新人王と沢村賞。投手として取れるタイトルは全部とった年でした。さらにはペタジーニへの敬遠指示に悔しさから涙を流したり、いろんな意味で印象的でした。また1997年のインターコンチネンタル杯や2004年のアテネオリンピック、2008年の北京オリンピック、2009年の第1回WBCといった国際大会での力投も印象に残ってるし、あと何と言っても2013年のボストンレッドソックスでのワールドシリーズ優勝そして優勝投手という偉業。

まさにその優勝の瞬間がこちら、
Scan001_1

やっぱり凄いな。そして何といっても100勝100ホールド100セーブという記録が、その凄さを物語ってます。

こうしてみてみると雑草魂という言葉とともに記録でも凄くて、まさに記録と記憶に残る選手という印象です。長い間の現役生活本当にお疲れ様でした。

| | コメント (0)

「令和」スタート その2

5月1日の水曜日から新元号「令和」がスタートして数日経ちますが、皇室関係の行事が多かったり、この前の一般参賀は凄まじい人だったし、関係者の方々はいろいろ大変です。そんな中ビッグコミックオリジナルの表紙でこんないい感じなの見つけました。

それがこちら、
20190505
ビッグコミックオリジナル 2019年5月5日号

なんか呑気な感じの脱力系ですけど、ちゃっかりこどもの日用の兜までかぶっててなかなかに欲張りですな。何かと世知辛い世の中ですけど、片意地はらずに呑気なぐらいがいいかもしれないな。

| | コメント (0)

いよいよ「令和」スタートです

今日新たに天皇陛下が即位され、元号も新たな元号「令和」がスタートします。と言うことで、スポーツ新聞各紙も1面トップで、天皇陛下即位、新元号「令和」スタートです。

それがこちら、
20190501 
新たな時代が平和で穏やかな時代であってほしいと思います。

そう言えばですねえ、スポーツ新聞各紙と書きましたけどデイリースポーツだけは阪神タイガースが1面でした。それがこちら、って買ってませんけど。買っとけばよかったかなあ。まあ別に阪神ファンでもないからいいんだけど。もっともこういうぶれてないところは嫌いじゃないけどね。

| | コメント (0)

タイガー・ウッズ 復活 マスターズ優勝

オーガスタ(アメリカ ジョージア州)で行われた男子メジャー第1戦のマスターズで、タイガー・ウッズが復活となる14年ぶり5度目の優勝を飾った。メジャータイトルとしては2008年の全米オープン以来の11年ぶりの優勝。メジャータイトルだけで今回の優勝で15回目、43歳にして完全復活。これは凄いわ。そしてスポーツ新聞も当然1面トップです。

それがこちら、
Photo_2

さらに1面だけじゃなく2面も。しかもこちらはぶち抜きです、
3_2
TIGER CHARGEじゃなくてTIGER CHANGE。変わることで復活できたのかもしれませんねえ。

さらにさに最終面にも。こちらは歓喜のグリーン・ジャケット
2_2
グリーン・ジャケットを着せる側の前回王者のパトリック・リードも今回ばかりは嬉しいんじゃないんでしょうか。

それにしてもこの復活は凄いね。持病の腰痛、薬物使用、不倫騒動などいろいろあって、もうだめかと思われていた中、昨年ぐらいから調子は上向きになってたみたいだけどまさか今回優勝するとは。そして今回の優勝で全米ツアー81勝、サム・スニードの持つ最多優勝82勝にあと1勝、メジャータイトルはジャック・ニクラウスの18勝にあと3勝の15勝。両方とも更新の可能性は大きいです。そして2020年の東京オリンピックもあるし、ここで金メダルなんてなったら、もう漫画の世界ですね。でも今回のマスターズ優勝がまさに第二次タイガー・ウッズ黄金時代の幕開けかもしれないなあ。

| | コメント (0)

ワールドカップまであと161日

汐留の日本テレビ前を通ったらこんなのを発見。

それがこれ、
Img_0425

2019年9月20日に開幕を迎えるラグビーワールドカップ2019日本まであと161日だそうです。もうすぐですねえ。前回大会は予選で南アフリカ、アメリカ、サモアに勝利しながらも決勝トーナメントに行けなかったので、今回は是非決勝トーナメントに行ってもらいたい。かつてはオールブラックスに100点ゲームをされたりとかもうほとんどが惨敗の歴史なんですけど、前々回の大会ぐらいから多少は勝負できるようになってきて、前回は決勝トーナメントまでもう1歩というところだったので、今回は地元開催だし期待してます。

| | コメント (0)

佐藤琢磨 ポール to ウィン

4月7日にバーバーモータースポーツパーク(アラバマ州バーミングハム)で行われたインディカー第3戦で佐藤琢磨選手がポール to ウィンで今季初優勝を飾った。これで3シーズン連続での勝利でインディカー通算4勝目。そして我らがトーチュー、中日ドラゴンズを押しのけて一面トップです。

それがこちら、
201904093

それにしてもポール to ウィンとは凄いなあ。ちなみにポール to ウィンは初めてだそうです。そして今回のレースは佐藤琢磨いわく「これまで勝った中で最もクリーンなレース」だったそうで、まさに圧勝、完璧な勝利だそうです。まだ3戦終わったばかりですから、これは今シーズン期待できますねえ。インディ500再び制覇なんて事もあるかも知れない。期待大です。

| | コメント (0)

神保町のコミック高岡が閉店です。

神保町のコミック高岡こと高岡書店が2019年3月末日で閉店しました。

現在の高岡書店
Img_0409
現在は書店の方が残務処理をしているようでした。

そしてお店の前には閉店の挨拶が、
Img_0411

そして在りし日の高岡書店
Img_0408

最近では行ってないですが、昔ここでは結構買いました。自分の中ではコミックと言えばコミック高岡というぐらいな位置付けでした。DISC UNIONとコミック高岡という並び好きでしたねえ。そんなDISC UNIONがいきなりステーキになって久しいですけど、コミック高岡も無くなってしまって、神保町がどんどん普通の街になっていくようでなんか寂しい。でもこれも時代の流れなんでしょうか。コミック高岡の後はどんなお店が入るんでしょうかねえ。思いっきりオタクなお店とかになったらそれは嬉しいけどね。

| | コメント (0)

«大瀧詠一「ゴー・ゴー・ナイアガラ」 ベストセレクションVol.14