ピエール・ガスリー イタリアGP優勝!Part2

昨日のトーチュウに続き、今日のトーチュウはなんと1面トップでガスリーのイタリアGP優勝を報じています。ホンダエンジンということやF1デビューする前に日本のスーパーフォーミュラに乗っていて日本と何かと縁があるとかさらには昨日中日ドラゴンズの試合がなかった等々の理由が重なったとはいえ凄いぞトーチュウ。

と言う事で本日のトーチュウ1面はこちら、
20200908

F1初優勝のガスリーですが、これで来年レッドブルの方に移籍するんでしょうか。でもアルファタウリの方がガスリーには合ってる気がする。昨年の最終戦ブラジルGPでのあのハミルトンの猛追をかわしての2位のレースも凄かったし。でも本人的にはやっぱりレッドブル行きたいのかなあ。それから気になるのがサインツです。今回これだけの走りをして改めて実力を示せたんですけど、来年はフェラーリ移籍が決まってます。大丈夫かなあ、今年のフェラーリを見る限りマクラーレンに残ったほうがいいような気がする。まして来年からマクラーレン・メルセデスですから。ミカハッキネンが勝ちまくったあのパッケージですからねえ。でももう決まった事ですし、来年のフェラーリは見違えるように速くなるかもしれないし。まあ来年の話をすると鬼が笑うので、この辺で。

また今回のガスリーの優勝は、フランス人ドライバーにとっては1996年のモナコGPでリジェ無限をドライブして優勝したオリビエ・パニス以来24年ぶりの優勝だそうです。そんなに勝ってないのか。確かにプロスト以降フランス人ドライバーってあんまり記憶にない。

そんなこともあってかファイナルラップ後半のフランスの実況が凄い。まさに絶叫、でもこの気持ち良くわかります。拍手!拍手!おめでとう。

20200909-22830

| | コメント (0)

ピエール・ガスリー イタリアGP優勝!

9月6日(日)モンツァサーキットで決勝レースが行われたF1イタリアGPで、
アルファタウリのピエール・ガスリーがF1初優勝を飾った。日本時間で9月
6日の深夜に近い時間帯にも関わらず、9月7日朝刊のトーチュウ最終面で速
報的に記事が出てました。

それがこちら、
20200907

レースはスター直後からPPのハミルトンが抜け出し快調に周回を重ね5週目ぐらいにはもうレースは決まりだなという雰囲気が漂い、興味は2位以下の争いになっていた頃にマグヌッセンがマシントラブルでコース脇にマシンを止めるとここでセーフティカーが入り、ハミルトンを先頭に各車一斉にピットインと思いきや、ハミルトンとジョビナッティ以外はピットインせず、どうしたのかと思ったらピットレーンクローズドの標識が出ていた。その後ルクレールのクラッシュでレースは赤旗中断に。

赤旗中断中にハミルトンとジョビナッティに10秒のStop&Go課せられ、レース再開後に2人がペナルティを消化するとレースは一変、28週目にガスリーがトップに立ち、終盤にはトップのガスリーを2位のサインツが追い上げる展開に。最期は接戦をわずかにかわしてガスリーが逃げ切りでF1初優勝。2位にはサインツ、そして3位はストロールといういつもとは全く顔触れが違う表彰台でした。それにしてもガスリーよく逃げきったなあ。スピード的にはサインツの方が速かったしあと2周ぐらいあれば抜いてたかもしれない。まあそこはたらればですけどね。

また優勝したアルファタウリは元々はミナルディで昨年まではトロロッソでイタリアのチーム。なのでポディウムではイタリア国歌が流れました。母国グランプリで優勝なんて最高だなあ。

ちなみにトロロッソ時代の唯一の優勝もイタリアGPでした。それがこちら
・S.べッテル初優勝!

久々にドキドキする面白いレースだった。今後も面白いレースが増えるといいんだけど。

| | コメント (0)

2020年河合奈保子カレンダー 9月

何となく暇で始めた自家製2020年河合奈保子カレンダーですが、表紙、1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月ときていよいよ9月です。毎度毎度月日が経つのは早いです。これ毎月言ってますね。

と言うことで9月はこちら、
202009013

もう9月なので本来なら秋の予感ということで、ちょっと秋っぽい画像で。まあでもまだまだしばらく暑さは続きますけど。

| | コメント (0)

伊藤政則の遺言 オンライン・スペシャル

コロナ渦の影響で結局は中止になってしまった「伊藤政則の遺言 Vol.16」ですが、その代わりと言うわけではないですが今回オンラインという形で見事に復活です。

ということで今回はこちらです、
20200827

今回のメインな内容はスーパーロック84、スーパーロック85、そしてジャパン・エイド2というあの当時の野外イベントの裏話でした。相変わらず面白い裏話が満載で、聞いててすごく楽しかった。

今後イベントはこういった形でオンラインで公開というパターンが増えてくるかも知れないけど、トークイベントならこの形でもいいかもしれない。通信環境さえあれば観れるし、先行予約とかで夜中にチケットとる苦労もないし。

兎にも角にも「伊藤政則の遺言」は今後もオンラインでもいいので続けてもらいたいです。聞く価値があるし、なんと言っても面白いからね。

| | コメント (0)

佐藤琢磨 2度目のインディ500制覇!

今年はコロナ渦の影響で変則的な日程で8月23日(日)に決勝が行われた第104回インディ500で、佐藤琢磨が2017年の初優勝以来3年振りに2度目のインディ500優勝を飾った。このとんでもなく凄いこの偉業に我らがトーチュウももちろん1面で伝えております。

それがこちら、
202008251

そして今回はトーチュウだけでなくスポニチも1面トップで伝えております。

それがこちら、
202008252

さらに中面にもブチ抜きで出てました、
202008253
フニッシュラインのレンガにキスをする佐藤琢磨

最後はフルコースコーションからそのままゴールだったけど、レースを読む力はピカイチです。今回はまさに作戦の勝利。それとその作戦を実行できる琢磨の技量とホンダエンジンが相まってまさに総合力の勝利です。それにしても凄いなあ。これまで104回のインディ500で2勝以上したドライバーは僅か20人しかいない。これだけ見ても今回の勝利がいかに凄いのかよくわかる。
ちなみにインディ500初優勝の時の記事はこちら、
・佐藤琢磨 インディ500制覇!

まだまだ進化する43歳、本当におめでとうございます。拍手!拍手!

| | コメント (0)

バイエルン・ミュンヘン UEFA CL制覇!

8/23(日)にポルトガル・リスボンの エスタディオ・ダ・ルスで行なわれたUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦バイエルン・ミュンヘン×パリ・サンジェルマンにおいて、1−0でバイエルン・ミュンヘンが勝利して7年振り6度目のビッグイヤー獲得です。

試合の流れはどちらかと言えばバイエルンかなと言う感じでしたけど、PSGの攻撃も相当に迫力があって何度も攻め込めれて決定的なチャンス作られえました。ただそれと同じくらいバイエルンにもチャンスがあったんですけど、両チームともその決定機をいかしきれずに白熱の展開が続きます。そんな中試合が動いたのが後半14分。この試合先発で起用されたコマンのシュートが決まって待望の先制点。ちなみにこのコマンですがPSGのアカデミー出身で、そう言うこともあってのこの決勝戦での先発起用だったみたいです。ただその後もPSGに攻撃は続きますが、そこをノイヤー中心に守って1−0のまま試合終了です。

7年振り歓喜のビッグイヤー
20200824-75940

それにしても今年のバイエルンは異常に強いなあ。何と言ってもCL全勝優勝それに加えて2020年は公式戦全勝。引き分けもなし。リーグ戦もカップ戦も勝ってCLも勝って3冠達成って凄いね。それからあれだけの選手達が90分間手を抜かずに必死でボールを追う姿は本当に感動的です。それとやっぱりノイヤー。いかにGKが重要なポジションかって事です。スピード・技術・判断力どれを取っても超一流です。

今年のCLはコロナ渦の影響で変則開催そして無観客と異例づくしの大会となりましたがバイエルン・ミュンヘン見事に7年振り6度目のチャンピオンです。

ちなみに前回の優勝はこちら、
・バイエルン・ミュンヘン CL制覇!
バイエルン・ミュンヘンしばらくこの強さは続くかもしれない。

| | コメント (0)

角田裕毅 F2初優勝!

シルバーストーンで行なわれたFIA-F2第5戦レース2でホンダ及びレッドブルの育成ドライバーとしてことしから参戦している角田裕毅が初優勝を飾った。我らがトーチューにも小さいながらもでてました

それがこちら、
Scan001_20200812011901

スタートから3位を走っていて、終盤にトップ2がバトルしている間に直ぐ背後まで近づき、タイミング的には前に出れるかなあと思いつつ見ていると、トップのロバート・シュワルツマンとミック・シューマッハが何と接触。その隙に角田がトップにたってそのままチェッカーフラッグ。それにしても凄い展開でした。やっぱりレースは何が起こるか分からないので、最後まで気を引き締めてしっかり走るということが大事です。この優勝で角田選手はランキング6位に。ランキング3位までに入るとスーパーライセンスに必要な40ポイントが付与されるだけに、今後ますます頑張ってもらいたい。そしてF1へ行ってもらいたい。それと角田選手優勝という事でポディウムに君が代が流れました。やっぱり感慨深いものがありますね。
それとレース終盤で接触したロバート・シュワルツマンとミック・シューマッハは同じプレマチームでいわば同士討ち。これは頂けない。一番信頼を失うパターン。チーム関係者としても頭が痛いところです。

| | コメント (0)

マックス・フェルスタッペン 今季初勝利!

イギリスのシルバーストーンサーキットで行われた、今季5戦目のF1 70周年記念グランプリでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが今季初勝利。我らがトーチューも地味に記事出てました。

それがこちら、
Scan001-2

予選Q2をしぶとくハードタイヤで9位通過して、トップチームでは唯一のハードタイヤでのレーススタート。このタイヤ戦略が見事に功を奏して、最後には2位ハミルトンに11秒の差を付けて、最後はチームラジオでジョークまで飛び出しての優勝でした。それにしてもこのレースでのタイヤはレッドブルが見事にはまってました。前週に同じシルバーストーンサーキットで行われたイギリスGPでもハミルトンが勝ったけれど、最終ラップでタイヤがバーストしてそれでも走り切って何とか優勝したけど、あの時フェルスタッペンがファースてストラップ狙いでのタイヤ交換してなかったら、フェルスタッペン逆転優勝してたかもしれない。またこのレースで同じメルセデスのボッタスもタイヤがバーストしてた。そして今回もメルセデスはタイヤに苦しんで、レース後のタイヤはブリスター出てて結構凄かった。それに引き換えフェルスタペンのタイヤは綺麗な状態でまだまだ走れそうな感じでした。
でも今回メルセデスがタイヤに厳しかったのはシルバーストーンだからで他のサーキットでは問題無いのか、それともレッドブルの車の性能が上がってきてるのか。そのへんはまだ分かりませんが、まあでも前戦の4戦まで見る限り今年は全戦メルセデスが勝つんじゃないのかというムードが漂い始めていたので、これで潮目が変わると面白くなるんですけどね。

来週のスペイングランプリも注目です。

| | コメント (0)

2020年河合奈保子カレンダー 8月

何となく暇で始めた自家製2020年河合奈保子カレンダーですが、表紙、1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月ときていよいよ8月です。毎度毎度月日が経つのは早いです。これ毎月いってますね。

とう事で8月のカレンダーです、
202008013
夏なので爽やかに、そして笑顔が素敵。これで夏の暑さ乗り切るべく、まあでも水分補給は忘れずに注意が必要ですね。

| | コメント (0)

佐野元春「VISITORS」のCDを買った。

佐野元春「VISITORS」のCDをヤフオクで買った。

このアルバムは発売された36年前から大好きなアルバムだったんだけど何故かCD持ってなくて、LPしかないんだけどレコードプレイヤーがない。さらには自分のiTunesライブラリーにも入ってなくて、ってまあ要するに聴けないわけです。そんなときにヤフオク何気に眺めてたらあったんですよこのCDが。しかもお値段がお手頃だったので、ポッチと購入してしまいました。

それがこれ、
Img_20200726_0013

これいつの時代に発売された盤なんだろうか、普通に流通してされてるものとジャケットが違うような気がしたんだけど、まあその辺はあまり気にせずに。

で聴いてみるとやっぱり良い。1年間ニューヨークに滞在して、そこで感じとった空気感みたいな物を取り入れて、時代の流れと戦ってるなあっていう感じが今聴いてもする。発売当時はもっと衝撃は大きかったけどね。

実はこのブログでかつて名盤アワーっていうカテゴリーがあって、そこでもこのアルバムについて書いてます。それがこちら→Vol.14「VISITORS」

このときに書いてることと今回感じたことはほとんど変わってない。ただ一つ間違っていたのは、このアルバムについて収録されていて先行で切られたシングル「Tonight」なんですが、これは佐野元春がニューヨークに行く前に発売されて、1年の時を経てアルバム「VISITORS」が発売されたと思っていたんですけど、正確には1984年4月に先行シングル「Tonight」が発売されて、1984年5月にアルバム「VISITORS」が発売され田と言うことでした。そうだったのかもうずいぶん昔の記憶だったので、その点は違っていました。

まあそんな事はさておき、やっぱりいいアルバムです。私の中では「A LONG VACATION」「FOR YOU」「PROMISEDLAND」そしてこの「VISUTORS」は日本ポップス史上かなり重要なアルバムという位置付けになってます。
発売から数十年経っても、良いもはやっぱり良い。特にのめりこむように音楽聞いてた時代に感じたものだから尚更ですね。

| | コメント (0)

«2020年河合奈保子カレンダー 7月