スリー・ビルボード

2018年2月12日(月)
スリー・ビルボード
TOHO CINEMAS日本橋

今回は、とにかく前評判が高いこの映画を見てきた。

Img_3662_3

ミズリー州の片田舎、しかも1日に何台も車が通らないような道路沿いに掲げられた3枚の看板から物語はスタートします。これは娘を殺された女性が一向に捜査の進展しない警察に対してのメッセージ。そこからいろんなことを巻き込みながらもの事が展開していきます。娘を殺された女性、みんなから信頼される警察署長、馬鹿な警察官といった主役級3人の演技も悪くないし、ストーリー展開も悪くないし、全てを分かった上でのラストシーンも良いんだけど、これで魂が揺さぶられるかというとそこまではさすがにない。見て損する映画ではないけど、そんなに大絶賛の内容でもない。まあ普通よりちょっと良いかなってぐらいです。

それと今回のチラシ、
201802122

評価や感想は人によってそれぞれ違うから、その辺はなかなかに難しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タルタルチキンカツ定食

昨日TOHO CINEMAS上野で浜田省吾を見た後、腹が減ったのでタルタルチキンカツ定食食べてきた。

こんなのです、
Img_0962

美味しかったなあ。実は私タルタルソース好きなんです。

そして漬物でさっぱりキャベツも注文、
Img_0960

満足満足でご馳走様でした。

そう言えば、タルタルソース好きのことタルラーって言うのかと思ったら、この前見てた孤独のグルメの再放送で、房総でアジフライを食べる時に、タルタルソース好きをタルタリストって言ってたんだよなあ。結局のところ、本当は何て言うんだろうか。そんなこと知ってどうするのって感じだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015-2016 旅するソングライター

2018年2月10日(土)
SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015-2016 旅するソングライター
TOHO CINEMAS上野

浜田省吾のライブを映画館で公開ということで早速見てきた。

Img_0940

今回の映像は、2015年の大阪フェスティバルホールでのライブ映像と2016年のさいたまスーパーアリーナでのライブ映像をベースに制作されています。実は2016年のさいたまスーパーアリーナでのライブは2回行ってるので、その時のことを思い出しつつ感慨にふけって見てきました。デジタルマッピングを駆使したステージは素晴らしかったなあ。今回の映画では出てきませんが「ミッドナイト・ブルートレイン」の時のステージいっぱいを使っての列車の映像は素晴らしかった。まあ、今回の映画は2時間弱で実際のライブは3時間半越え、また構成も実際のライブとは違うのであれですけど、でも今回の映画は良かったなあ。あのライブでの感動が、映画館でまた蘇るといった感じでした。

そして今回のチラシはこちら、
201802091

そして予告映像はこちらです、

またライブに行きたいなあ。今度はいつだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チンジャオ麻辣ラーメン

最近好きなラーメンがこれ、

Img_20180204_162903
チンジャオ麻辣ラーメン

熱くて、辛くて、美味いです。汗かきながら食べてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神保町の「ふらいぱん」が閉店していた

今日昼間に久々に神保町に行ったので、それじゃあ久々にふらいぱんの中落ち定食でもと思って行ったら、なんと昨年12月22日を持って閉店していた。がーん、ショック。

Img_20180206_124421

そしてこんな閉店の挨拶が、
Img_20180206_124429

昨年の12月22日で閉店してたなんて、確かに最近行ってなかったからなあ。気付かずにすいませんっていう感じです。隣の徳萬殿は数年前に閉店して、今は別のお店が入ってるし、すずらん通りにあったおにぎりの小林さんも閉店しちゃったし、寂しいですねえ。

「ふらいぱんは」神保町勤務だった頃は昼に定食、夜にはちょっと一杯とずいぶんお世話になりました。財布にも優しかったし、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白石麻衣がpenの表紙に出ていた

まいやんこと白石麻衣ちゃんがpen 2/15号の表紙と特集に出てました。なんとなく衝動買い。

表紙はこれ、
20180215_2
pen 2018年2/15号

相変わらず美しい。そして特集ページもいい感じのグラビアがたくさん載っております。そんな中から1枚、

これかな、
Img_20180214_0004_2

白石麻衣が可愛いのはもちろんですが、この雑誌も印刷綺麗だねえ。それとpenって
CCCメディアハウスっていう出版社なんだ。昔は別の出版社だった気がするのだが。まあ雑誌が生き残っていくのは大変な時代なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE ILLUSTRATOR 生賴範義展

2018年1月6日(土)〜2月4日(日)
THE ILLUSTRATOR 生賴範義展
上野の森美術館

イラストレイター 生賴範義の展覧会に行ってきた。

Img_0817

生賴範義は「STAR WARS」や「ゴジラ」ポスターを始め、吉川英治、平井和正、小松左京といった作家の書籍装丁、広告、雑誌の表紙といった数多くの作品を残し、また純粋に画家としても数多くの作品を残している。

そんな偉業を象徴するのがこれ、
Img_0843
生賴タワー
今までで生賴範義の作品が使われた書籍等が一堂に展示されている。これだけでもすごい迫力です。

またポスター等では写真撮影OKの部分もあり、そんな中から、
Img_0868

またこれも良い感じです、
Img_0859

他にも素晴らしい作品が多く展示されており、仕事の量の多さと質の高さに、ただただ圧倒されてしまいます。

また今回の展覧会のポスターも良い感じです、
Img_0902

さらにチラシも素敵、
20180203_2

今回の展覧会はポスター好き、紙の印刷物好きにはたまらない、本当に面白い展覧会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祈りの幕が下りる時@講談社文庫

映画を観たあとで原作を読むなんてことは今まであまりしたことないんだけど、今回ちょっと短くて物足りなさも若干あったので、原作読んでみた。

201801312
「祈りの幕が下りる時」

そしてこっちが映画の宣伝用の帯がついてるバージョン
201801311

読んでみてやっぱり原作の方がしっくる来る。もっともこれは映画の方はある程度の時間制限あるのに対して、原作の方が枚数制限とかないから当たり前なんだけど。ただ今回の映画に限って言えば、ほぼほぼ満足のいく内容なんだと思う。欲を言えば原作にあるもう何シーンかを映画で表現できればより良かったのかと思います。時間にしてどのくらいなんだろうか、20分ぐらいかなあ。まあでも、その辺はなかなか難しいんでしょうかねえ。まあ、個人的な意見を言わせてもらうと、劇場で映画を見る場合はやっぱり2時間30分前後がいいんだよなあ。140分から150分ぐらい。そのくらいで見終わった後で時間の長さを感じさせないような映画が好きですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年久松郁実カレンダー 2月

つい最近年が変わったなあと思ったらもう1月も終わりまして今日から2月です。ということで今年から飾ってある久松郁実ちゃんのカレンダーも2月のへチェンジ。

2月はこちら、
Img_3511_2

まだまだ寒いが、日が沈む時間は遅くなってきて、確実に春には近づいていますねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古河原泉 絵画展@西武池袋本店アート・ギャラリー

2018年1月24日(水)〜1月30日(火)
古河原泉 絵画展「女たちの生(なまおと)音をたどる」
西武池袋本店6F アート・ギャラリー

西武池袋本店6Fにあるアート・ギャラリーで、古河原泉さんの個展を見てきた。

Img_3503

多彩な色彩で人物を表現していく作品はやはり素晴らしい。こういう色彩感覚の人はなかなかいなくて、最初に作品を見た時から大ファンです。今回展示された作品の中で、人物を描いた作品も素晴らしかったけれど、花を描いた静物画も良かったです。どの作品も見応えがあって素晴らしい。

また今回のDMはこちら
201801281_2

このDMに描かれているヴァイオリンを弾く女性の作品も素晴らしかった。こういう作品は本当に大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«祈りの幕が下りる時